Seiのジャケット写真

歌詞

AtoB

柳ひろみ

優しいねって言ってくれるから

いつの間に優しい人になったよ

けれども愛される訳ではなくて

使い捨ての雑巾みたいにさ

知らない世界に行きたいったって

自分の姿を見てごらん

剥がれ落ちたメッキが地面を飾って

無防備な裸電球みたいにさ

変われるか 変われないか

そんなものどうだっていいよ

優しさで 縛られた

体を流して

キスから始まる恋もあるって

言い訳した夏は嘘だらけで

だけど彼女はただ美しくて

変わりたくないと神に祈った

いつから僕らは大人になって

他人のためだと言い訳をして

変われない自分に目をつむったまま

暗闇でナイフを振りまわす

あなたには分からないと

言いながらあなたを分ろうともせず

人を傷つけうる言葉を投げつける

自分なんて寂しい

私には意味がないと

言いながら目をそらして

夢見ることで心を保つ

毎日にサヨナラを言え

キスから始まる恋もあるって

言い訳した夏は嘘だらけで

だけど彼女はただ美しくて

変わりたくないと神に祈った

いつから僕らは大人になって

変わることで自意識を満たして

意味なく他人を嫌いになって

つぎはぎだらけの正義身にまとう

キスから始まることもあるって

白黑つけずに誘惑をして

どうすりゃいいのと弱音を吐いて

それでも君がいるのが嬉しくて

いつから僕らは大人になって

自分のことにすら目をつむって

変われない未来に嘘をついて

他人のものみたいに手放して

キスから始まる恋もあるって

言い訳した夏は嘘だらけで

だけど彼女はただ美しくて

変わりたくないと神に祈った

  • 作曲

    柳ひろみ

  • 作詞

    柳ひろみ

Seiのジャケット写真

柳ひろみ の“AtoB”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Sei

柳ひろみ

アーティスト情報

"