晴天に吠える。のジャケット写真

歌詞

晴天に吠える。

nurié

今日は何を描こうかな

何色を足せば綺麗に見えるだろう

僕の様な平凡な人間でも

僕の平凡は僕しか描けないから

自分の吐き出した言葉が

理解されないことが怖くて

心、閉ざしたんだ

誰かのストーリーに涙して笑顔になって

これは僕のモノじゃない。

誰の感動なんだ?

いつだっていつだって僕は僕の味方だ

僕が描き出す風景は何者にでもなれたんだ

誰かを殺すことも出来たし、抱きしめることも出来た

僕だけの色でアナタだけの色で

全て包める様な愛を描いて行こうぜ

“透明”僕との決別“染色”全てが変わった

こっから先のことなんてわからねぇが

白に塗りつける4原色

胸を張れるモノなんて無かった

それでもあの日の涙の理由は

僕の側で寄り添ってくれた

僕の言葉は僕だけのモノだ

いつだっていつだって自分の絵だけは疑うな

今日は何を描こうかな

何色を足せば綺麗に見えるだろう

誰もが自分の感動だと言える様な

そんな歌を描きたかった

僕が描き出す風景は何者にでもなれたんだ

誰かを殺すことも出来たし抱きしめる事も出来た

僕だけの色でアナタだけの色で

この先の続きを共に描いて行こうぜ

選んだ色を信じてみてよ

この先の君を照らし続ける

晴天に吠える

  • 作曲

    廣瀬 彩人

  • 作詞

    大角 龍太朗

晴天に吠える。のジャケット写真

nurié の“晴天に吠える。”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    晴天に吠える。

    nurié

配信収益音源化計画第4弾Single

アーティスト情報

"