ルサンチマン・コンピューターのジャケット写真

ルサンチマン・コンピューター

Mr.Morick

トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

ダークでスカムでクリーピーでポップでカオスでキュートでドープなヒップホップ

過去ランキング

ルサンチマン・コンピューター

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 日本 • 26位 • 2020年9月25日

アーティスト情報

  • Mr.Morick

    全裸で奇声をあげながら、オフィス街とか商店街とかの公共の場を全力ダッシュする人がいるらしい。 そういった方たち、というかその行為のことを、ストリーキングと呼ぶらしい。 この前の休日に、暇つぶしがてら色々なワードと「全裸」を掛けあわせて検索をかけているうちにそれを知った。 知識は偉大だ。 今後もしデート中に全裸で叫ぶ全力ダッシュのおじさんを見かけて、「あれなに?」って彼女に聞かれたときに、 「なんだろ、迷惑系ユーチューバーかな……Hey Siri !  ”全裸で走るおじさん”を教えて?」とテクノロジーの無駄づかいをするのと、 「ああ、彼はストリーキングだね。ニューヨークではよく見たよ」とさらっと答えるのでは、知的スマートさがぜんぜん違う。 ただ彼らがユーチューバーでないとなると、大きな疑問が残る。 彼らの目的がなんなのかということだ。 なにを目指して、あの過激なパフォーマンスをしているのか。 彼らはおそらく金をもらってやっているわけではない。 失笑、罵倒、逮捕その他もろもろ、行為につきまとうマイナス要素を、炎上商法のようにプラスに変える手段がないはずなのだ。 自分でやってみればわかるかと思い、ベルトを外しかけたあたりで、おれの社会性がブレーキをかけた。 でも、ここ最近音楽を作りだして、知人から「なんでやってるの?」と目的を聞かれて、おれはハッとした。 おれの答えとストリーキングの答えは、きっと同じ言葉なんじゃないか。 「ただやりたいからやるんだよ」

    アーティストページへ

Factotum Records