after wordsのジャケット写真

歌詞

愛の最中

合田口洸

お帰りお疲れよくがんばったね

もう無理に笑わなくていいよ

甘えたでいいよ

だらだらしてよう?

今日はもうだらしない2人でいよう

お風呂も入れたよ入っておいで

髪の毛は僕がちゃんと乾かすし

膝の間で甘えたな君

綻ぶくらいに僕が笑わすし

君の好きなアイスも冷やしてあるよ

少し溶かして頬張る愛の味

こっちにおいで?

ぎゅってしよう

くっついて離れないままでいよう?

冷房をつけて寒いくらいで

布団に逃げ込みあったかで眠ろう

この右腕は君のものだよ

好きに使ってずっと使って

いいこいいこでそう甘えたでいいよ

昨日の事は覚えていなくてもいいよ

いつでも君の側にいるよ

だからこの手を離さないでね

言いたくない事は言わなくていい

側にいられるのならそれでいい

嘘が下手くそな君バレバレだよ

でもその先なんて僕は聞かないよ

誰も許してくれない

自分でも許せない

過去も全部許してあげる

なんで?なんて言わないし

なんで?なんて言わないで?

呆れるくらいに好きと言わせて

知ってるよって君は笑って

その手のひらは僕のものだよ

他の誰にも踊らせないでね?

眠れないなら歌を歌うよ

ねぇこの曲好きって言ったあの歌

それとこの歌と

いつでも君の為に

いいこいいこでそう甘えたでいいよ

昨日の事は覚えていなくてもいいよ

いつでも君の側にいるよ

だからこの手を離さないでね

何気ない日々も側にいてね?

下らない事も歌にしよう

2人だけしか分かりやしない約束をいくつもしよう

あの夜の事あの朝の事蜜月の跡の事は

誰にもバレないよう戸棚の奥の奥の方にそっとしまおう

ねぇきっと2人ならなんだって

大丈夫だって思うんだ

なんて頼りないかな?

きっと頼りないよね?

それでもごめんねなんて言わないよ

この約束を破る気はないもん

だってだってさ

勝手だけどさ

君の未来と僕の未来を重ねてしまう僕がいるんだよ

ねぇ分かってよ

それと許してね?

こんな身勝手に君を愛してる僕がいる事

いいこいいこでねぇ甘えていたいよ

君の胸に抱かれていたいよ

君がいないと生きていけないよ

なんて言えないけど

君といたいよ生きていきたいよ

君の未来に僕を描いてよ

ねぇ愛も恋も君に使い果たしてしまいたいよ

ねぇいいこいいこでそう甘えたでいいよ

昨日の事は覚えていなくてもいいよ

いつでも君の側にいるよ

だからこの手を離さないでね

  • 作曲

    合田口洸

  • 作詞

    合田口洸

after wordsのジャケット写真

合田口洸 の“愛の最中”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

after words

合田口洸

合田口洸のセカンドアルバム「after words」がついに配信。今までにシングル配信された5曲が収録され、愛について描く12曲の手紙。後悔や感謝の詰まった想いとポップで少し切ないメロディとオートチューンを使っても溢れてくる切ない声が沁み入るように届いていく。

アーティスト情報

  • 合田口洸

    長野県出身、東京在住。 7歳から15歳までピアノを習い、20歳になる頃に不可思議/wonderboyの存在を知り、その衝撃で創作活動を始めるに至った。 ポエトリーを基調として歌ともラップとも取れない歌い方で曲ごとに言葉が映えるような歌い方をしている。 トラックも自らの詩、言葉が映えるように製作している。そこには幼少期のピアノの経験や、まだ浅いギターの経験も 生かされている。 2017年、LOW HIGH WHO?よりアルバム「remedy」をリリース。等身大の表現が同世代の心に響いている。

    アーティストページへ

LOW HIGH WHO? STUDIO

"