after wordsのジャケット写真

歌詞

as

合田口洸

もしも明日死ぬなら君に会いたい

差し出せる様な命でもない

歪で醜い心だけど

泣きじゃくるほど君が恋しい

明日が来るとも意味がないんだ

君がいなきゃねぇ

愛してる

どうしてる?

笑っていたらいいな

たいした事はないよ

だから心配しないでいいからね

もしも明日死ぬなら君はいったい

誰と過ごして日々を終えたい?

僕ではないかな下らないな

差し伸べる手の先にいったい

誰がいるとか知りたくもない

僕じゃなきゃねぇ

愛してるどうしてる?

笑っていないといいな

なんてさ思えないよ

どうか幸せと生きていて

最後の日の夜は幸せな夢を見るんだ

君がいて、僕がいる

ただそれだけでいいんだ

最後の日の夜は幸せな夢を見ていて

そこに僕がいなくても

かまいやしないから

愛してるどうしてる

たいした事はないよ

だから心配しないでいいからね

  • 作曲

    合田口洸

  • 作詞

    合田口洸

after wordsのジャケット写真

合田口洸 の“as”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

after words

合田口洸

合田口洸のセカンドアルバム「after words」がついに配信。今までにシングル配信された5曲が収録され、愛について描く12曲の手紙。後悔や感謝の詰まった想いとポップで少し切ないメロディとオートチューンを使っても溢れてくる切ない声が沁み入るように届いていく。

アーティスト情報

  • 合田口洸

    長野県出身、東京在住。 7歳から15歳までピアノを習い、20歳になる頃に不可思議/wonderboyの存在を知り、その衝撃で創作活動を始めるに至った。 ポエトリーを基調として歌ともラップとも取れない歌い方で曲ごとに言葉が映えるような歌い方をしている。 トラックも自らの詩、言葉が映えるように製作している。そこには幼少期のピアノの経験や、まだ浅いギターの経験も 生かされている。 2017年、LOW HIGH WHO?よりアルバム「remedy」をリリース。等身大の表現が同世代の心に響いている。

    アーティストページへ

LOW HIGH WHO? STUDIO

"