MOVE ON / Don't Lie to myselfのジャケット写真

歌詞

MOVE ON

強太

君の姿を追いかけ続けて

季節をどれくらい

過ごしただろう

荒んだ日々に

サヨナラを告げるよ

失った時に僕は

事の大きさに気付いたんだ

街の景色も全てに君を

重ねていた

愛してたよ

君の選んだ

道も間違いじゃないだろう

僕だけが

思い出の中に

いただけさ

無くしたモノを

数える事で

君は遠くなるばかり

掲げた夢さえ

見失いそうな僕に

君はサヨナラを告げた

“別れは夢に繋がるから” と

君は僕を強く抱きしめた

だからもう迷いはしないよ

この先何があっても

夢を得る為に払った

代償は数えきれないけど

伝えたい気持ちや歌はそれでも

犠牲なんて出来ないから

愛してたよ

そんなルールに

縛られたくはないけど

探していた

本気の自分を

やっと見つけられたんだ

だからもう君への想いはここで

終わらせてしまうんだ

出会って良かったと

本気で思っているよ

そうして今の僕がある

孤独は教えてくれた

愛し合う事の素敵さ

ひとりでは生きて行けない事

あの頃の僕は幼かったけど

少し大人になったでしょ?

All the glory to you

I'm all right now

All the glory to you

I'm all right now

Praying all the way

So you will be happy

Praying all the way

So you will be happy

これでもう君への想いはここに

置いて行くと決めたんだ

出会って良かったと

本気で思っているよ

そうして今の僕がある

La-la-la

そしてまたひとつ

僕は乗り越えて

続く果てない道を

遠回りでいい

愛を探す旅

これからまた歩き出す

  • 作曲

    kyota hiyoshida

  • 作詞

    kyota hiyoshida

MOVE ON / Don't Lie to myselfのジャケット写真

強太 の“MOVE ON”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

説明文(国内向) : 1stシングル 【 MOVE ON / Don't Lie to myself】が遂にリリース! MOVE ONはアップテンポでライブではお馴染みの1曲。曲の明るさの反面切ない歌詞にも注目だ。Don't Lie to myselfは日本を離れ、ロサンゼルスへボーカル修業へ行った際に書き下ろされた。そのキャッチーなメロディーと手紙のように綴られた歌詞が心にしみる1曲。

アーティスト情報

  • 強太

    強太(KYOTA) 広島県出身 シンガーソングライター 幼少期よりクラシックピアノなどの楽器に親しみ それが基で音楽の道を目指し始める 18歳で音楽専門学校に入学の為上京 卒業後バンド活動をするものちに解散 その後、ソロ活動をし始めるも 経済的な理由から一時音楽活動を休止する 休止期間中にバイト等で活動に目処がついた為 2019年 シンガーソングライターとして音楽活動に専念し始める 同年,「MOVE ON / Don't Lie to myself」をはじめとするシングルを6曲リリース 新宿、池袋などで路上ライブを行いながら、5月には自身初となる主催ライブを行う 2020年4月に 初アルバムをライブに合わせ発表する予定であったが、昨今の新型コロナウイルスの状況を鑑み延期 こんな状況の中だからこそ ”自身の大切なものを見つめ直してほしい” そんな願いを込めて発表予定であったアルバムの中から「TAISETSUNAMONO」MVをYoutubeにアップしたところ 公開から1週間で27万回再生という反響を得ている 少しでも応援しくれる嬉しいです! よろしくお願いします

    アーティストページへ


    強太の他のリリース
"