Doh Yoh 童謡 vol.2

  1. うみ
  2. 知床旅情
  3. 赤とんぼ
  4. 紅葉
  5. 春が来た
  6. しゃぼん玉 take 1
  7. 野ばら
  8. 宵待草
  9. しゃぼん玉 take 2

童謡や唱歌の名曲を、ウォン・ウィンツァン独自の透明感あふれる音色で、即興演奏もまじえて演奏。 誰もが知るメロディは、しだいに、地球の優しさや偉大さ、宇宙の流れを感じさせる美しいインプロへと展開してゆく。なつかしさ、安らぎ、大いなるものへの一体感… ピアノ&シンセ・ストリングス。
「童謡や唱歌には、ノスタルジーという言葉だけでは言い尽くせない不思議な“ひかり”が宿っていると感じます。私の試みはそのひかりを自分の音楽として再生させることにありました。しかし、むしろ逆に、それらの作品に導かれてたとえ一瞬でも音楽のひかりに包まれる体験をしたことが掛け替えのないものとなりました」― ウォン・ウィンツァン

ウォン・ウィンツァン

ピアニスト、作曲家。1949年神戸にて、香港出身の父、日本と中国のハーフの母との間に生まれ、1歳より東京で育つ。19歳でミュージシャンのキャリアをスタートし、ジャズ、フュージョン、ソウル、前衛音楽などを演奏。87年、瞑想の体験をとおして自己の音楽の在り方を確信し、90年よりピアノソロ活動を開始。インディーズレーベル SATOWA MUSIC を発足、ファーストアルバム「フレグランス」がFMから火がつきロングセラーになる。以後コンスタントに30タイトル近くのアルバムをリリース。また、NHKスペシャル「家族の肖像」、BShiスペシャル「九寨溝」、Eテレ「こころの時代」、NHK「にっぽん紀行」「目撃!にっぽん」のテーマ曲でも知られている。コンサート、とくにインプロヴィゼーション (即興演奏)では、音の力でオーディエンスの深い意識とつながり、解き放たれた静寂な空間を創り出してゆく。超越意識で奏でる透明な音色に“瞑想のピアニスト”と呼ばれている。

アーティストページへ

SATOWA MUSIC