ONE DAYのジャケット写真

歌詞

藍い花

言ノ葉

ある朝目を覚ました

途方に暮れる喧騒の街で

君と見てた景色が

いつもと違い空虚に見えた

眠れない夜に怯え

あの日君と歩いた道を

辿って記憶とまた

結びついて苦しくなった

時に離れ時に愛し

抱き寄せてた日々の群青

僕の心を塗りつぶしていく

憂いだ黒い空が

頬を伝った青い花は

いつまでも僕を苦しめていた

雨上がりの空を見上げた

それが涙と分からぬまま

昨日までここに居たけど

温もりはもう感じない

二人で飲んだ酒も

グラスの中に残ったままで

思い出してまた泣いていた

あの日過ごした日々は綺麗だ

忘れたくても忘れられない

瞼に焼き付いていた

頬を伝った青い花は

いつまでも僕を苦しめていた

君から消えた僕は

霞消えてく蜃気楼の中へ

頬を伝った青い花は

いつまでも僕を苦しめていた

雨上がりの空を見上げた

それが涙と分かった時は

「もう遅いよ。」

自分に言った

0になって

二人の記憶は流されていく

君の中ではもう僕は居ないから

  • 作曲

    いづる

  • 作詞

    いづる

ONE DAYのジャケット写真

言ノ葉 の“藍い花”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

言ノ葉 1st album ONE DAY

アーティスト情報

"