トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

「海について歌い、海のことを考える」深海合唱団が、
4 月 22 日のアースデイにリリースする3rd シングル。 今作は、自死した小学生のニュースを目にしたことから作られたオリジナル楽曲。
2020 年に自殺した小中高生は過去最多の 479 人。 (2021 年 2 月 15 日、文部科学省が公表した分析結果より)
子どもたちに少しでも、世界の広さや多様性を伝えたいという想いから、また「逃げることを躊躇わないでほしい」というメッセージを込めた楽曲です。
4 月 22 日のアースデイは、地球や環境のことを考える日。 美しい自然に感謝するとともに、持続可能な社会について、子どもたちの未来についても 考えてもらうきっかけになってほしい、と思います。

アーティスト情報

  • 深海合唱団

    クラシカルな合唱を取り入れた女声ボーカルグループ。 オリジナル・カバーを問わず、「海」にまつわる楽曲を歌う。 いつか電気を全く使わないコンサートを開催するため、" 電子楽器は使わない " としている。 「母なる海」を女声による音楽で表現し、その音楽活動を通じて、近年の海を取り巻く様々な問題 (海洋ごみ・漂着ごみの問題、マイクロプラスチック、気候変動による海洋環境の変化など)について多くの人に知ってもらい、考えてもらうきっかけを作りたい、と考えています。 日本財団、総合海洋政策本部、国土交通省による「海と日本 PROJECT」推進パートナー。 環境省「プラスチック・スマート」フォーラム登録団体。 2020年1月結成。

    アーティストページへ

音群社