シンクロニシティ のジャケット写真

シンクロニシティ

-

FLEUR

シンクロニシティ

  1. シンクロニシティ

FLEUR

R&BやHIPHOPなどのブラックミュージックをルーツにしつつもジャンルに囚われないその自由なスタイルや心の機微を映し出す繊細なリリック、エモーショナルな歌声に注目が集まる京都出身23歳のシンガー FLEUR。 2019年6月18日、各社配信サービスより1st EP "FLEUR" を配信リリース。iTunes R&Bチャートでは初登場3位 , Apple Musicではリリース直後でないのにも関わらずジャンル別チャート5位にランクインするなどその楽曲のクオリティの高さからリスナーの支持も熱く、Spotifyプレイリスト"NEW MUSIC WEDNESDAY"や"TOKYO RISING"に収録曲が選出、またApple Music "今週のNEW ARTIST"に選出されるなど各方面で高い評価を得ている。制作陣にはMONBEE(BCDMG)、Shin Sakiura、A.G.Oなど気鋭の若手プロデューサーを起用、さらに大阪発のコレクティブクルーSoulflexよりMori Zentaroが参加、木村華子がジャケットアートワークの写真を担当しており、またfm802主催のサーキットフェスMINAMI WHEELのフライヤーデザイン等を担当するなど各地で話題を呼んでいる透明回線がジャケットアートワークのグラフィックを担当しており、その洗練されたクリエイティブにも注目は外せない。

アーティストページへ