輝きの島のジャケット写真

歌詞

輝きの島

Beach Sandals

新たな 世界に 新たな 自分を

見つけたくて

新たな 出会いと 新たな 別れの

旅を選んだ

ずっと前から わかってた事だけど

やっぱり さみしいよ

描いた夢を かなえた時のために

涙は いらない 今は

形のない 大事なもので

溢れている 島を想い

潮の流れ キラキラ光る

揺れる 波のように

輝いて行こう

新たな 世界は 新たな 迷いも

連れてくるけど

新たな 自分で 新たな 景色を

創り出せばいい

この未来は

今も捨てたもんじゃない

嫌なこと ばかりでも

描いた夢 必ずかなえるために

強く 生きよう 今を

形のない 大事なもので

溢れている 島を想い

潮の流れ キラキラ光る

揺れる 波のように

輝いて行こう

みんなみんなの輝いた笑顔も

アーマの涙も アージャ強がりも

群青の青い この海でさえも

ポケットに つめこんで

形のない 大事なもので

溢れている 島を想い

潮の流れ キラキラ光る

揺れる 波のように

(輝いて行こう)

形のない 大事なもので

溢れている 島を想い

潮の流れ キラキラ光る

揺れる 波のように

輝いて行こう

青い海も 白い雲も

蒼い空も 輝きの島

青い海も 白い雲も

蒼い空も 輝きの島

  • 作曲

    中沢ノブヨシ, 安田竜馬

  • 作詞

    中沢ノブヨシ, 安田竜馬

輝きの島のジャケット写真

Beach Sandals の“輝きの島”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    輝きの島

    Beach Sandals

島には大学がなく、進学や就職は島から旅立っていくことになります。
島の若者達は皆、新しい環境での新しいスタート。
新たな地でくじけそうになっても、育った島の美しさや、そこで支えてくれた家族や仲間との絆を胸に頑張ってほしいという想いを曲にしました。
島に住むアーティストと本州に住むアーティストのコラボレーションで生まれた楽曲です。

アーティスト情報

  • Beach Sandals

    奄美群島の徳之島を拠点とする安田竜馬と鎌倉を拠点とする中沢ノブヨシによる、 海や自然を愛する二人による遠距離ユニット。 Supported by Nakamegro Records

    アーティストページへ

中目黒レコーズ

"