The Book of Yuki and the Cutiesのジャケット写真

The Book of Yuki and the Cuties

-

ゆき&キューティーズ

The Book of Yuki and the Cuties

  1. しるし(Sign)
  2. もういいよ(Over)
  3. Knock Knock
  4. Snow
  5. きみをまつ (Awaiting you)

ことばを愛し、ことばを歌う。
ゆき&キューティーズ、初の日本リリース作品。

2009年にNYで結成されたという、ゆき&キューティーズの音楽を例えるならば、誰もがこどもの頃に食べた色とりどりのあめ玉が一番ぴったりくるだろう。
J(azzy)-Popと謳うそのスタイルは、一聴すると輸入されたあのどぎつい色のあめ玉のようにアメリカンでポップで華やかに聞こえるが、聞けば聞くほど耳になじみ、気づけば日本語も英語も口ずさんでしまう、そして何度聞いても飽きの来ない、そんなあめ玉のような音楽である。

2016年夏、満を持して日本で初の全国流通を行ったリ本作品ははプロデューサーにオーサカ=モノレールのドラマーsokiを、アレンジャーには作曲家佐俣奨悟を迎えた、ボーカル兼作詞作曲を務める石渡曰く「どこに出しても胸を張れるあほみたいに最高に贅沢な音とパッケージのインディーズCD」となった。

作詞作曲:石渡悠起子
アレンジ:佐俣奨悟(tr.1,3,4,5)石渡悠起子(tr.2)
プロデュース:soki
演奏:池田雄一 (g)、佐俣奨悟(pf)、吉峯勇二郎(bass)、soki(drums/percussion)、石渡悠起子(うた)

ゆき&キューティーズ

2009年にNYでボーカル石渡悠起子によって結成されたバンドプロジェクト 「ゆき&キューティーズ」。 NYの老舗ライブハウスや、地元フェスなどで活躍後、2011年の震災をきっかけに2012年より東京に拠点をうつす。 彼ら音楽を例えるならば、チュッパチャプスが一番ぴったりくるだろう。 J(azzy)-Popと謳うそのスタイルは、一聴すると輸入されたあのどぎつい色の飴玉のようにアメリカンでポップで華やかに聞こえるが、聞けば聞くほど耳になじみ、気づけば日本語も英語も口ずさんでしまう、そして何度聞いても飽きの来ない、そんなあめ玉のような音楽である。 この夏、満を持して日本で初めてリリースしたEP "The Book of Yuki and the Cuties"をリリース。全国ツアーもクラウドファンディング支援によって実行するなど、今一番ホットなDIYインディーズプロジェクト。

アーティストページへ

YQTS Publishing