Psychic Boy

  1. Psychic Boy

Fab Cushion has a punching power that is effective even though it is easy.
Psychedelic guitar sound, lo-fi beat is a Rough US indie atmosphere, but I dropped it into pop in the mood of 2020. The combination with folky melodies is both nostalgic and fresh.
A soundtrack-like work based on the theme of "A boy who was in the limelight all over the world Psychic Boy "

Past Playlist In

Psychic Boy

Spotify/Edge!/2020年8月21日 Spotify/.ORG/2020年8月21日 Spotify/New Music Friday Japan/2020年8月21日 Spotify/J-Pop 新幹線/2020年8月21日

Fab Cushion

1999年、90年代におけるベックやマニー・マーク的感覚の真打ともいうべき日本からのニューカマーとして『Catch the poppycock!!』でデビュー。 一人多重録音で オープンリールテープにドラムを吹き込む所から作り、その他全ての楽器も自ら演奏する制作スタイルを完成。 スリリングでグルーヴィーな楽曲は、国内外で高く評価を受ける。 その後もサウンドトラックやCMのフィールドでも活躍。 2014年に実に13年ぶりとなる『BERMUDA TRIANGLE』を自主レーベルEpoch Knockより発表。のこぎり奏者サキタハヂメ氏、活動弁士 坂本頼光氏を迎え、唯一無二のPOPな世界観を作り上げる。そのサウンドは 「変幻自在の旋律を紡ぎながら、多重録音によってヒップホップ経由のグルーヴやエキゾでモンドな要素を注いだ音世界。細野晴臣の初期作やceroの近作に通じる感触と、それらに比肩する完成度を備えた傑作」と評される。ライブや音源配信も不定期ながらも行なっている。

Artist page

Epoch Knock