のジャケット写真

きみのことばきみのねいろ

  1. きみのことばきみのねいろ

普段は明るいのに、『恋』となると内気になる少年の恋心を描いた作品。本当は仲良くなりたいのに一歩が踏み出せず想いは膨らむ一方、彼の夢の中で彼女が踊るのであった。

Bob Komamura

母がJAZZシンガー父がJAZZドラマーだった影響で幼少の頃から音楽を親しむ。 しかし自身が性同一性障害(トランスジェンダー)だったことをキッカケに殻に閉じこもってしまう。 部活のソフトボールに気を紛らしながらストイックに打ち込む。 そのおかげでスキルはプロでも活躍できる実業団に行けるほどに。 しかしその会社の業績不振で断念する。 18才で一度歌手の夢は見たものの自身の『人間性』が確立できなく 24才歳でタイにて性転換手術を終えた。ようやく自分自身を取り戻したかのように遅めの青春を味わっている真っ只中。今まで音楽で救われて生きてきた事をキッカケに今度は自分が音楽で救う事を決意する。自分の中から湧き出る音楽を大切にしてジャンルに固執しすぎないアーティスト。 2019年4月よりサウンドエンジニアの Shinya Nagahama氏を迎え入れ、 より音楽の幅を広げている。

アーティストページへ

Job's Art Record