二度ない人生一度もないのジャケット写真

歌詞

神隠し

HUMANDRIVE

通りゃんせ通りゃんせ 鳴かぬなら

殺してしまえと声がする

通りゃんせ通りゃんせ 嗚呼涙

瞑れたその目で何を見る?

枯れぬ 言の葉を捨て去ってしまうその訳を

人は云う 悲しいけれど現実を生きると云うのでしょう

いつのまにか失くしてた 自分の声が遠く立つ日と

流れ流されてゆく

色のない心が散った 行く先

通りゃんせ通りゃんせ 鳴かぬなら

鳴かせてみせろと声がする

通りゃんせ通りゃんせ 嗚呼涙

瞑れたその目で何思う?

どんな空見て夢に落ちて

どんな空見てねぇ 目を揺らす

誰だって 悲しくて この宵闇一夜に彷徨い泣くままで

今だって 悲しくて この道無き道夢の奥沈む

通りゃんせ通りゃんせ 鳴かぬなら

鳴くまで待とうと 声がする

通りゃんせ通りゃんせ 嗚呼涙

宛なき枯れ野をどう生きる?

通りゃんせ通りゃんせ 鳴かぬなら

殺してしまえと声がする

通りゃんせ通りゃんせ 嗚呼涙

瞑れたその目に花一つ

咲かせてみたいから

今はただ想いを馳せて

  • 作曲

    HUMANDRIVE

  • 作詞

    HUMANDRIVE

二度ない人生一度もないのジャケット写真

HUMANDRIVE の“神隠し”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • HUMANDRIVE

    2010年始動 どこか懐かしい香りを漂わせ言葉と音をストレートに放つ、 東北×関東のメンバーで構成された4人組正統派ロックバンド 「HUMANDRIVE」

    アーティストページへ

"