TOWNのジャケット写真

歌詞

town

GACA

浅く吸い込んだ息が

肺に馴染まずに咳き込む

ロックンロールと二人きり

街灯が照らす深海をゆく

心配は何も無いようで あるよ

手の鳴る方向へと 馬鹿みたいに進む

信号待ち 歩くことを待ってる訳じゃない

歩かなくちゃ辿り着かない

場所をいつも待っている

悲しみは要冷蔵 日持ちはしない

息苦しさも結局 気持ち次第

空車のランプと 歩道際の花束

あなたがいない間に

ビルは 増えたり減ったり

街並みは生き物みたいに

からだを揺らした

青い空でも行けるでしょう?

怖くないから

互いを知らない今日を

思いながら歩くの

煙草が燃えて ようやく

満足に息を吐き出す

流れ出した 雑踏に目を向ける

ロックンロールと二人きり

終電間際の改札に滑り込む

青い空でも行けるでしょう?

怖くないから

互いを知らない今日を

思いながら歩くの

  • 作曲

    向山哲地, カケル・シノハラ

  • 作詞

    向山哲地, 矢來梓

TOWNのジャケット写真

GACA の“town”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

TOWN

GACA

GACA 1st E.P.

アーティスト情報

"