極上文學第12弾「風の又三郎・よだかの星」のジャケット写真

極上文學第12弾「風の又三郎・よだかの星」

-

橋本啓一

極上文學第12弾「風の又三郎・よだかの星」

  1. 風の又三郎
  2. 九月一日の朝
  3. 二百十日
  4. 不思議な転校生
  5. 薄曇りの放課後
  6. 馬、走る
  7. どっどど どどうど どどうど どどう
  8. 光る石
  9. ガラスのマント
  10. がらんとした気持ち
  11. 吹雪の中
  12. うすあかりの国
  13. ひかりの素足
  14. 氷のような手
  15. 透明な風
  16. よだかの星
  17. 星のない夜空
  18. 灼けて死んでもかまいません
  19. どこまでもどこまでも空へ
  20. さいかちの木の下
  21. 知らない、知らないよ
  22. すきとおったほんとうのたべもの

本格文学朗読演劇シリーズである極上文學の第12弾「風の又三郎・よだかの星」(原作:宮沢賢治)のために書き下ろされた、ジャズピアニスト橋本啓一のオリジナル曲集。全編ソロピアノで演奏される。

過去ランクイン

極上文學第12弾「風の又三郎・よだかの星」

iTunes Store • ジャズ トップアルバム • 日本 • 15位 • 2020年6月20日

橋本啓一

札幌生まれのプロジャズピアニストです。 1979年から、活動の拠点を東京に移しました。 新宿ピットインなど、多数のライブハウスに出演しています。 また、ブラザートムとのユニットでのライブ演奏・作曲や、「極上文学」シリーズなどの演劇音楽のプロデュースも手掛け、作曲・演奏などを行っています。

アーティストページへ

hash's music