ギロと野獣のジャケット写真

歌詞

オリーブ

CABBAGE & BURDOCK

昨日からずっとなんだ

まるで違って見えるよ

季節が変わるように時計に色付けて

ポケットに手を入れて昨日のシワに触れたら

君が見た朝の色をかき分け走れるよ

すり抜ける風は深い緑を

ミルクのカップに落とした色

少し混ぜたなら渦を巻いて

螺旋のレールに溶ける

言わないでオリーブ 僕のオリーブ

艶やかな葉の冠をあげるよ

小さなオリーブ 落ちそうなオリーブ

芳すな黄金色映え渡る

  • 作曲

    Rui Takehiro

  • 作詞

    Rui Takehiro

ギロと野獣のジャケット写真

CABBAGE & BURDOCK の“オリーブ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

東京を拠点に活動するアコースティックバンドCABBAGE & BURDOCKの初となるフルアルバム。
Gypsy JazzをPopsに、PopsをGypsy Jazzに、ジャンルを越えて綴られる11曲の物語。

アーティスト情報

  • CABBAGE & BURDOCK

    マカフェリギター2本、ボタンアコーディオン、コントラバスに歌をのせて、時に愉快に、時に懐かしく、時にロマンチックに。Gypsy Jazzを土台にしながらも、ジャンルにとらわれず独自の大衆音楽を追求する。 東京・埼玉を中心に日本各地へ。あなたの街に、心に、食物繊維を届けます。

    アーティストページへ

high fiber records

"