ギロと野獣のジャケット写真

歌詞

ベリー

CABBAGE & BURDOCK

扉の向こうで聞いたんだ

仕方がないさと呟いて

遠のく足音確かめて

聞こえてないのは僕だった

夕方からは少し寒くなるでしょう

例年よりも冷たい風が吹いて

短い影と長いあくびの猫はまだ昨日のまま

見えないよベリー外は暗い

若い葉を落としてきたよ

夏蔦のかごは空っぽさ

箱の中の王様はいない

  • 作曲

    Rui Takehiro

  • 作詞

    Rui Takehiro

ギロと野獣のジャケット写真

CABBAGE & BURDOCK の“ベリー”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

東京を拠点に活動するアコースティックバンドCABBAGE & BURDOCKの初となるフルアルバム。
Gypsy JazzをPopsに、PopsをGypsy Jazzに、ジャンルを越えて綴られる11曲の物語。

アーティスト情報

  • CABBAGE & BURDOCK

    マカフェリギター2本、ボタンアコーディオン、コントラバスに歌をのせて、時に愉快に、時に懐かしく、時にロマンチックに。Gypsy Jazzを土台にしながらも、ジャンルにとらわれず独自の大衆音楽を追求する。 東京・埼玉を中心に日本各地へ。あなたの街に、心に、食物繊維を届けます。

    アーティストページへ

high fiber records

"