ギロと野獣のジャケット写真

歌詞

Postal

CABBAGE & BURDOCK

ハミングするようなステップ

追いかけて咲くよ微笑んで

集めて束ねてあげるよ

君はワンピースひるがえし

少し背伸びをしてる

気遣う文字を紡いで

僕の窓はとても狭く

君が路地を曲がったのなら

やっと会える

君がはしゃいで笑ったり凹んだりする日は

僕もそっと目を閉じてにじむ日もあるよ

君の歩幅が変わって夕陽に落ちても

放り込んだ悲しみもドロップに変えちゃうんだよ

枯葉舞い落ちる茜空

伸びた髪が隠してる

目尻にみつけたチャームポイント

裾に落とした長い影

綴る名前空を越えるナンバー抱えて

僕の窓はとても狭く

君が路地を曲がったのなら

見えなくなる

君がはしゃいで笑ったり凹んだりする日は

僕もそっと目を閉じてにじむ日もあるよ

君の歩幅が変わって夕陽に落ちても

放り込んだ悲しみもドロップに変える

ほらね扉の向こうに足跡集めて

指を離れた時から重なる君の街

  • 作曲

    Rui Takehiro

  • 作詞

    Rui Takehiro

ギロと野獣のジャケット写真

CABBAGE & BURDOCK の“Postal”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

東京を拠点に活動するアコースティックバンドCABBAGE & BURDOCKの初となるフルアルバム。
Gypsy JazzをPopsに、PopsをGypsy Jazzに、ジャンルを越えて綴られる11曲の物語。

アーティスト情報

  • CABBAGE & BURDOCK

    マカフェリギター2本、ボタンアコーディオン、コントラバスに歌をのせて、時に愉快に、時に懐かしく、時にロマンチックに。Gypsy Jazzを土台にしながらも、ジャンルにとらわれず独自の大衆音楽を追求する。 東京・埼玉を中心に日本各地へ。あなたの街に、心に、食物繊維を届けます。

    アーティストページへ

high fiber records

"