夜が落ちたのジャケット写真

歌詞

夜が落ちた

猫塚大翔

いつの日か忘れてしまった

子供のころから持ってた

鮮やかな夢のことを

どこかに置いてってしまった

電車に揺られてはずっと。

灰になった街 眺め、ぼーっと。

「嫌んになっちゃな」って、ぼそっと。

呟いてしまったよ、ホント。

いっそすべて投げ出して

どっか遠いところまで

裸足で逃げ出したいって

知らない場所で降りたんだ

夜が落ちた

僕ごと連れ去って

消えた街並みが色づき変わっていく

モノクロだったモノが彩になって

染まれない僕にはやけに眩しかった

いつの日か 失くしてしまった

純粋な この気持ち

久しぶりに 思い出した

……    思い出せた

点いては消えていく街灯。

供給過多なネオン最高!

「夢みたいだ」って? さぁいこう。

歩き出せば、怖くないよ。

HIPHOP垂れ流して

もっと遠く先まで

土足で駆け出したいって

褪せない街へ飛び込んだ

夜が続いた

時間を置いてって

現れた世界が今なお照らしている

モノクロだった者は彩になって

ひとり楽しくなって大声で笑った

いつか来る終わりが

もうにいるんだって

切なくて泣きそうになるけど

もう一度見つけ出した

夢を胸に抱えて

空を見上げて

夜が落ちた

僕ごと連れ去って

輝いた街が陽に当てられていく

夜の果て

たどり着いたんだ

肌に触った熱が愛おしかったんだ

また僕は歩いていく

  • 作曲

    猫塚大翔

  • 作詞

    猫塚大翔

夜が落ちたのジャケット写真

猫塚大翔 の“夜が落ちた”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    夜が落ちた

    猫塚大翔

社会に疲れて、大切なものを忘れてしまった人に向けて。

――猫塚大翔

アーティスト情報

猫塚大翔

"