のジャケット写真

ラ・ブリガータ・インテルナツィオナーレ

  1. ALL ARE EQUAL FOR THE LAW
  2. SKA AGAINST RACISM
  3. BELLA CIAO
  4. AVANZO DE CANTIERE
  5. PIAZZA FONTANA (LUNA ROSSA)
  6. MOCKBA ‘993
  7. IL PALAZZO D’INVERNO
  8. L’ALTRA FACCIA DELL’IMPERO
  9. FAMIGLIA CRISTIANA
  10. QUE LINDA ES CUBA / CUBA SI, YANQUI NO
  11. EL PUEBLO UNIDO JAMAS SERA VENCIDO
  12. POLIOUCHKA POLIE
  13. JURI GAGARIN
  14. AMORE E ODIO
  15. E’ SOLO UN SOGNO
  16. REVOLUTION ROCK
  17. FUJI ROCK
  18. CUORE MALATO
  19. INSCIALLAH MI AMOR
  20. LA BANDA DEL CIMITERO
  21. FIGLI DELLA STESSA RABBIA

フジロックフェスティバル'19出演決定!偉大な足跡を辿るベストアルバムが遂にリリース!!
30年以上のキャリアを誇るイタリアンパンクの重鎮。
そのキャリアを総括するにふさわしい大ボリュームの全21曲を収録!
2002年のフジロック初出演(グリーンステージでのクロージングアクトに抜擢!)、2005年のジャパンツアーおよびフジロック再出演、ブラフマンをはじめとした日本のバンドとのイタリアでの共演等ここ日本でも絶大な支持と人気を集めるバンダ・バソッティ。日本での人気を語る上で欠かすことのできない1曲「フジロック」はもちろん、彼らが敬愛するザ・クラッシュの名曲カバー「レボリューション・ロック」まで人気曲・ライブ定番曲を網羅!2018年12月にバンドと世界中のファンを襲ったバンドの中心人物アンジェロ“シガロ”コンティの急逝という深い悲しみを乗り越えてリリースされる今作は、図らずもバンダ・バソッティのメモリアル・ベストアルバムという意味合いが含まれることとなった。実に14年振りとなるバンダ・バソッティのフジロックでのステージを体験する上で、イタリアンパンクの歴史を知る上で必携の1枚となるはずだ。

バンダ・バソッティ

1981年ローマ近郊で結成されたイタリアンパンク界の最重要アーティスト。 1987年リリースのシングル「Work Brigade」で活動をスタート。 1991年にはファーストアルバム「Figli della stessa rabbia」をリリース。 1996年より約5年間の活動休止期間を経て、約9000人を動員したライブにて2001年に活動を再開。 同ライブはライブアルバム「Un altro giorno d’amore」としてもリリースされ ファンの熱い期待に応える形で勢力的にワールドツアー行うなど完全復活を遂げる。 2002年と2005年にはフジロックフェスティバルへ出演しここ日本でも話題を集める。 パレスチナ、ニカラグア、エルサルバドルでは学校や家を建てるなど、結成時より 政治的な活動も継続してきた彼らは現在も各国のカンファレンスに参加して自身の 体験を述べるなどそのパンクな姿勢は結成以来揺るがない。

アーティストページへ

REXY SONG