ダレのせい?

  1. ダレのせい?

これは「ダレのせい?」。。。
人々とのリアルな接点が希薄になり、それがさも当たり前かのようになってきた現在。
これが正解なのか、リアルなのか。
世の中における状況が「ダレかによってそうなったのでしょうがない」ではなく、ダレのせいでもなく自分自身の意思の持ち方であることをt-Aceは軽快なピアノハウストラックにのせて今作で歌っている。
この現状からの好転を、"朝が来るころに壊して"という言葉で伝え、"君"という歌詞が1人にも世の中へとも解釈できるところにt-Aceが表現者として支持される理由がある。
夜が明けるように自分たちが意思を持ち、もうすぐそこまで来ている日常に向けて今何をするのか――。

現在ランクイン

ダレのせい?

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 1位 LINE MUSIC • 邦楽 Top 50 • 日本 • 37位 LINE MUSIC • ソング Top 100 デイリー • 日本 • 40位 LINE MUSIC • ソング Top 100 リアルタイム • 日本 • 64位 iTunes Store • 総合 トップソング • 日本 • 99位

現在プレイリストイン

ダレのせい?

Apple Music • HIP HOP DNA : NOW Spotify • tuneTracks Weekly Spotify • Teen Culture

過去ランクイン

ダレのせい?

Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 180位 • 2020年11月27日

t-Ace

自他ともに認める“クズなRockStar”、またの名を“エロ神クズお”。 2017年にリリースした自身のタトゥーを題材にした楽曲『超ヤバい』は 20代女性を中心にSNSを通じて拡散され、 YouTube再生回数2,300万回を越えて今もなお増え続けている。 以降、『ダレもいねえ』『PORSCHEでKISS』『女のコ』『マジ遠い』『クズの華』など 500万回以上再生される大ヒット曲を毎年リリースし、 若い世代のカリスマ的な存在となっている。 メジャーメーカーに頼らずに楽曲制作を続け、 アルバム11枚をリリースし、シングルは10枚連続でHIP HOPチャート1位を獲得、 2019年にはLINE MUSICインディーズアーティストランキングで レペゼン地球、BAD HOPを抑え1位となり、絶大な人気を証明した。 近年は、毎年アルバムを2枚リリースしながら年間140本を超えるLIVEを行い、 YouTube公式チャンネル総再生回数は1億2100万回を超え、 配信記録・ライブ動員記録を更新中のt-Aceの年間納税額は“数億円”と噂が飛び交う 異色のアーティスト。 特に若年層女性から絶大な人気を誇り、 地方都市では「t-AceのLIVEがある日は、夜の飲食店女性の出勤率が下がる」 という都市伝説も生まれるほど。 ライブ会場には全国どこにでも t-Aceの音楽を全身で浴びたいキャバ嬢を中心に多くの女性が詰めかけ、 良い匂いとフェロモンが充満するとも言われている。

アーティストページへ

officeZERO