200年のジャケット写真

歌詞

200年

bias

形のない 空気と僕と君と部屋

風が吹けば バラバラに

なってしまうような 不安定な安定

二人いると あまりに 儚さ感じて

一緒に作った

ハートの傷にふれあう

いたわりあって

なにもない この部屋で

二人でいるのが

切なくて 揺れるなら

もうすこし一緒にいよう

去り行く日まで 笑って

愛だけ のこしてみたい

100年後 形を変え

伝わる光 そう信じている

いつのまにか

抱えてしまった孤独に

知らずと埋まったスペースを

解き放つような過去からの光

今、僕らが 星をなくしたら

未来の君は 夜空は黒いと知る

僕らが残す姿は 100年後

どんなふうに

100年後 どんな人が

どう感じる 何を想像するんだろう

200年がたち もっと経って

僕たちが奇跡的に

残した愛のピースは バラバラ

バラバラになっているだろう

君がつないだ星を見たい

  • 作曲

    根本啓一郎

  • 作詞

    根本啓一郎

200年のジャケット写真

bias の“200年”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

200年

bias

  • ⚫︎

    200年

    bias

20th single。ノスタルジー、形のない空気と僕と君と部屋、未来。アレンジはニジノダンガンが行った。

アーティスト情報

  • bias

    芸術活動ほとんど全てを行うシンガーソングライター、根本啓一郎によるソロプロジェクト。ボーカル/作詞/作曲/編曲/演奏/mix/MV等を手掛ける。バンドPink The Shellでは東名阪ツアー、ワンマンライブを経験し、1st Album「スターヒル」がスマッシュヒット。根本啓一郎としてクラシック畑のメンバーとライブを数多く開催。2006-2008年頃に音源をPC完結する「ニジノダンガン」結成。映画楽曲使用や、人気投票で勝ち抜いた沖縄ライブ、17曲CDがヨーロッパ圏で一時話題となる。3.11を受けた根本啓一郎としてリリースした「平和」は細海魚プロデュース。iTunesオルタナティブチャート30位。収益寄付を行う。2020年発売の1st album「last milk」から「ユリ」「明け方のある日には」「快晴の彼方へ」が、シングル「汽笛」「輝きの中で」「あれから花が咲いて」「永遠に続かない関係へ」がDeezer Top Japanで1位を獲得。

    アーティストページへ

in tar records

"