cocoonのジャケット写真

歌詞

cocoon

oozash, HAMELN

楽しい胸が躍る気分

塞ぐ心解放しビート着る

軽い身なり向かうwavファイル

メモリー敷き詰められた自室

言葉を演奏

おろすheadphone

撮る事に上がる精度

なのにfears never end

世の中と比較し

ないとわからない価値

思い出す10年前

いつも僕を貶すのは優劣のため

クラスメイトは僕嘲笑ってるし

殴ってくるオヤジのせいで不安定

ただ音楽に救われた女さ

みんな同じはず退屈online

弱い奴らが踏みにじった自信

僕を認めたいからto be reborn

Sometimes I get scared

I get scared

I get scared

Of dark rooms

Sometimes I get scared

明日への手前で僕阻む

僕だけくすんで見える夜

天井に押しつぶされる夜

全てが敵にみえる夜

僕を包むイヤホンlike cocoon

もう僕を打つ人はいないけど

トラウマが作ったこの感性

対話は苦手

昔椅子投げられたから

僕今ラップで

I'm here 手を掲げる

惹かれたアート

全て認められる

幼い頃はほぼ

地獄だったmy home

今や才能の宝庫

怖い夜に負けぬよう

明日のto doを書き出すノート

失望に飲まれるなもう

すぐで日は登る

灯す手

希望は僕

Like cocoon

強くなるため

士気を鼓舞

高く飛ぶ羽根

得るために

I do anything

比較しない

自分から得るbenefit

Sometimes I get scared

I get scared

I get scared

Of dark rooms

Sometimes I get scared

明日への手前で僕阻む

僕だけくすんで見える夜

天井に押しつぶされる夜

全てが敵にみえる夜

僕を包むイヤホンlike cocoon

  • 作曲

    oozash, HAMELN

  • 作詞

    oozash

cocoonのジャケット写真

oozash, HAMELN の“cocoon”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

cocoon

oozash, HAMELN

  • ⚫︎

    cocoon

    oozash, HAMELN

自分の価値を自ら決めるというメッセージをHAMELNの力強いビートに乗せた曲。曲調からリリックまでoozashのルーツを全て反映させた曲になっている。

過去プレイリストイン

cocoon

Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2021年3月13日

アーティスト情報

  • oozash

    岩手県在住のラッパーoozash(ウーザッシュ)。 幼少のころよりK-POP、さらに韓国HIPHOPに傾倒。 独学で韓国を学び、韓国インディーズシーンまでをチェックするなど、 普通のK-POP好きでは舌を巻くほどの知識量を持つ。 16歳から初めた詩を書くことに目覚め、ラップをはじめる。 Creepy Nutsが審査員を務めた、十代限定のイベント未確認フェスティバル2017のラップだけコース審査員特別賞受賞をきっかけに本格的に音楽活動を開始。現在では音源制作をしながら、地元のライブハウスなどを中心に月数回のライブ活動を行っている。また、最近では絵を描くことも多く、ジャケットアートワークや店内壁画なども手掛け、音楽にアートと活動の幅を広げ、日々精進している。

    アーティストページへ


    oozashの他のリリース
  • HAMELN

    アーティストページへ

Trigger Records

"