トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

テン年代を代表するシンガーとしてのポテンシャルを秘めたシンガー•MALIYA。 2018年2月、ソウル、ジャズ、ポップスを昇華したハイスペックなサウンドが詰まったニューアルバム”ego”をリリース。以降、ジャンルを越えた客演オファーや、同年9月にリリースした7インチアナログ”BREAKFAST IN BED FEAT.RYOHU”は即完売、2018年11月にはThe Internetの楽曲「La Di Da」をWONK feat MALIYA名義でオフィシャルカバーするなど、シーンの中でも存在感を増してきている彼女が、今回はKai Takahashi (LUCKY TAPES)やMONJOE(DATS)をproduceに迎えた楽曲含む5曲入り2nd EP"unswyd"をリリース。

現在プレイリストイン

I'm Ready

Apple Music • Independent AF (JP) Apple Music • Errday

過去ランキング

unswyd

iTunes Store • R&B/ソウル トップアルバム • タイ • 1位 • 2019年10月23日 iTunes Store • R&B/ソウル トップアルバム • イタリア • 6位 • 2020年8月28日 iTunes Store • R&B/ソウル トップアルバム • 日本 • 16位 • 2021年8月16日 Apple Music • R&B/ソウル トップアルバム • シンガポール • 26位 • 2021年6月5日 iTunes Store • 総合 トップアルバム • タイ • 26位 • 2019年10月23日 iTunes Store • R&B/ソウル トップアルバム • 香港 • 32位 • 2020年7月3日 Apple Music • R&B/ソウル トップアルバム • 香港 • 36位 • 2021年9月10日 iTunes Store • R&B/ソウル トップアルバム • 台湾 • 45位 • 2020年3月1日 Apple Music • R&B/ソウル トップアルバム • 台湾 • 46位 • 2020年2月26日 Apple Music • R&B/ソウル トップアルバム • 中国 • 62位 • 2021年3月27日 Apple Music • R&B/ソウル トップアルバム • 日本 • 82位 • 2019年10月29日 iTunes Store • R&B/ソウル トップアルバム • アメリカ • 88位 • 2019年10月14日 iTunes Store • 総合 トップアルバム • イタリア • 89位 • 2020年8月28日 Apple Music • R&B/ソウル トップアルバム • インドネシア • 130位 • 2021年9月16日

I'm Ready

iTunes Store • R&B/ソウル トップソング • ドイツ • 58位 • 2019年11月18日 iTunes Store • R&B/ソウル トップソング • 日本 • 94位 • 2019年10月4日

Drop me a line

iTunes Store • R&B/ソウル トップソング • ドイツ • 57位 • 2019年11月18日 iTunes Store • R&B/ソウル トップソング • 日本 • 84位 • 2021年1月23日

Cut my hair

iTunes Store • R&B/ソウル トップソング • 日本 • 150位 • 2020年8月16日

過去プレイリストイン

I'm Ready

Spotify • 都会の空と音楽と • 2021年3月4日

アーティスト情報

  • MALIYA

    MALIYAは東京を拠点に活動するシンガーソングライター。2018年2月発表の1stアルバム”ego”をはじめ、2020年8月に2作同時に発表した“ruby”“selene”を含む4枚のEPをこれまでにリリース。自身のルーツである90年代のR&Bやソウルミュージックなどを軸としつつも、作品ごとにジャズや現行のフューチャーソウルなど様々なエッセンスを取り入れながら自身の音楽を追求している。また、親交の深いWONK、KANDYTOWNのメンバーらの作品にも参加しているほか、自身の作品にKai Takahashi(LUCKY TAPES)、MONJOE(DATS)、Mori Zentaroなどをプロデューサーに迎えるなど、ジャンルを超えたアーティストとのコラボレーションを交えながら日本の音楽の可能性を広げている。

    アーティストページへ

TEN'S