覚めないでのジャケット写真

歌詞

覚めないで

ヒメクリ

私はあの時にやめた

普通でいようだなんて そんな無理なことを

でもそれに無茶も感じた

シワ寄せがきたら 幸せはどこへ消えるの

覚めないで 覚めないで

覚めないで 覚めないで

まだ 夢見ていたいんだ

近頃自分のこと 自分が一番疑い始めて

「悲しみは探すな」 そう思う時点で不安がよぎる

だって何度も悩んでも 悩んでも

答えが見えない 辿りつけない 何しているんだろう

ダメ元でも叫んでみた 覚めないで どうか覚めないで

だけどまだ君に届かないんだ どんなに何かを想っていたって

強くないのは もうわかっている もうわかっているから

呼吸(いき)が切れるその時まで 音が消えるその時まで

それが私よ そう信じている そう信じたいから

また希望探して 音を繋げるんだ 音を繋げるんだ ずっと

いつも晴れ空虚しいSunday 疲れ始めのWednesday挟んで

また虚しさに出会う 個性のない休みを過ごす

何が良いとか悪いかなんて みんなバラバラ違うはずでしょ?

そうでしょ? 違うの?

だからまだ君に届かないんだ どんなに何かを想っていたって

強くないのは もうわかっている もうわかっているから

呼吸(いき)が切れるその時まで 音が消えるその時まで

それが私よ そう信じている そう信じたい

目覚めたらきっと逆夢 今のこの時が正夢

そう信じている それが私よ

覚めないで 覚めないで

覚めないで 覚めないで

覚めないで 覚めないで

  • 作曲

    池田圭一

  • 作詞

    池田圭一

覚めないでのジャケット写真

ヒメクリ の“覚めないで”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    覚めないで

    ヒメクリ

あの日々は夢だったのか、今が悪夢なのか。
答えの見えない孤独な世界で自問をしながら
希望を表現した楽曲。

アーティスト情報

  • ヒメクリ

    埼玉県春日部市出身の歌謡POPユニット。2016年1月に結成。 楽曲制作をする傍ら、埼玉・東京・神奈川を中心にライブ活動を行なっている。 「真っ直ぐなハイトーンボイス」と「超王道なポップソング」で 日常の喜怒哀楽に寄り添った楽曲を表現。その楽曲と歌はリスナーだけではなく、 スタジオスタッフやライブスタッフ、プレーヤーにも共感を得て、 2016年亜細亜大学学園祭テーマソングを書き下ろし、 2017年8月 1st Full Album『NonStop OneStep』を発売。 同年テレビ東京系列「出没!アド街ック天国」本厚木編"目指せ!いきものがかり"のコーナーに取り上げられる。 2018年5月にはMiniAlbum『Separate』発売直後に、 ライブコンテストで優勝、またその一週間後には台湾で初海外公演にも挑戦。 さらに翌月にはNHKさいたま「日刊!さいたま〜ず」に出演しこれまでの活動を取り上げられる。 2019年元旦にはいきものがかり水野良樹さんが参加した”平成の神奈川の音楽シーン”の取材記事にヒメクリも参加し掲載され、同年5月にEXPASA海老名にて開催された東名高速道路全線開通50周年記念イベントにも出演しイベントのトリを務める。さらに12月には高島屋新宿店でのライブより全13曲収録の2nd Full Album『Memory Of Melody』を発売。 2020年には念願だったビナウォークミュージックディライトに初出演。 2021年には大東文化大学創立100周年事業、卒業生・入学生へむけた 青春テーマソングに歌と作詞で起用される。

    アーティストページへ


    ヒメクリの他のリリース
"