二枚目たちの三枚目

  1. 月曜日の朝
  2. 海外出張
  3. そしてまた橋を渡る
  4. 地方出張(2020 edition)

大阪で活動する日本語ロックバンド、The Late Bloomers(ザ・レイト・ブルーマーズ)の3rdアルバム。 メンバー全員が会社勤めのサラリーマン。タイトルも「月曜日の朝」「海外出張」「地方出張」と、サラリーマン生活そのものから生まれる楽曲はまるで「歌うサラリーマン川柳」!?一度聴いたら、あなたも「レイブル」の世界から離れられません!

The Late Bloomers

The Late Bloomers(ザ・レイト・ブルーマーズ) 鈴木崇(Vo&Gt)、山貫崇之(Dr.)、宮崎真行(Bass)、岡田直之(Key&Cho) 2015年大阪にて結成。全員がアラフィフど真ん中のサラリーマン。 リーダーである鈴木(Vo&Gt)は、メジャーデビューのキャリアを持ち、特に北海道でのラジオ・テレビ番組出演多数。CMソング「はじめてのアコム」を代表曲として、NHK教育「いないいないばぁ!」「おかあさんといっしょ」「おとうさんといっしょ」などへの楽曲提供を行う。 山貫(Dr.)は一級建築士の資格を持つ異色のドラマー。 宮崎(Bass)は、ミュージシャンのサポートを数多くこなす腕利きのベーシスト。 岡田(Key&Cho)は大学時代にコーラスグループで活躍。 最年少の岡田(40歳)を除いたメンバーは全員昭和50年生まれ。それぞれファンクバンドやシティポップス、コーラスグループなどの経験はあったが、鈴木が「40代からはブレず迷わず、ずっと続けていけるオリジナルバンドをやろう!飾らないストレートな8ビートのロックバンドをやろうや!」と呼びかけ、賛同したメンバー。 父であること、夫であること、サラリーマンであること。 迷いながら惑いながら、いろんな立場を引き受けて生きているアラフォー世代。 どこにでも転がっている日常を、笑い飛ばして歌っていく。 すでにそのライブのパフォーマンスは各地で話題に! 「レイブル」と呼んで下さい。

アーティストページへ

遅咲商会