相模川町のジャケット写真

歌詞

Where Is It?

NORIKIYO

POOL「なんだようるせぇな」

I waked up at morning   ひどい…

当分見たくねぇなもう酒はもういい

財布がねぇがポッケ中にゃコインと

ドリチケがなってたゴミ

窓開けて見りゃいつもの道路

ベランダの隅にゃ錆び付いた如雨露

何曜日だとしても変わらねぇ今日も

チャンスってヤツはいつも俺とは別行動

飼われて生きるか?

まぁそれ出来る奴ならばセーフティ

分かれ目と見切るか?

だとしてもさどこにあんだ出口

足掻いてはいるんだけど未だ変わんねぇ

頑張っても目合わせられない裸眼で

隣の芝生に今日も目眩んで

グラサンも無くしてBedで寝転んでる

他にも無くした気がするんだ何か

大事なモンだった気がするがまぁいいか

フライヤーをちょん切ってなんとなくなく巻いた

刹那に倒しちゃった気抜けたサイダー

こんな事ばっか続け何になる?

10年後になれば俺もおっさんになる

幸せ行きの切符はまだ無いが

せめてさ檻にだきゃ入りたかないな

白にBlack足しゃ淀み出す

あの罪悪感はもうねぇここには

HappyなEndingのラストってどこにある?

束になってるピン札ってどこにある?

白が灰色なる程に今

その分野心ってのがね踊り出す

HappyなEndingのラストってどこにある?

束になってるピン札ってどこにある?

ねぇいつもピースじゃグーの時は負けじゃね?

ポケット探っても虚しさだけだぜ

優しさだけじゃおまんまは食べられんし

問題は忘れられないよ酒じゃね

何かを知らせに来た虫が

蜘蛛の巣にからまってるけど今は無視だ

まだか?「いや、春は彼方」

仰向けで黙る蝉が俺をからかう

こんなもんかもしれねぇなきっと

ゴミの中に埋もれてるリリック帳

捨てちゃうか燃えないゴミいっそ…

薄い壁の向こうからヒットソング

くだらねぇ くだらねぇ

俺の未来と今まで

ぬかるみ 膝まで

さっきの虫と一緒だ違いはねぇ

ため息飲んでこいつをRoll Up

普通のLifeってもんからはコースアウト

これが課されたDestiny

じゃそれに唾吐く当てつけに

今日この街に聞いても梨の礫

床の上で今客達がうるせぇ

パケとTANITA乗っかった机

夢ってヤツが音も無く崩れる

白にBlack足しゃ淀み出す

あの罪悪感はもうねぇここには

HappyなEndingのラストってどこにある?

束になってるピン札ってどこにある?

白が灰色なる程に今

その分野心ってのがね踊り出す

HappyなEndingのラストってどこにある?

束になってるピン札ってどこにある?

POOL「もしもし、、、ごめんね あ?追加? 良いけど今その人数で先輩居ないな

だし新しい先輩しか居ない。。。え?イチロー?無理無理、、、松井だよ

100人ケア出来る会場だっらチケット45まで落とせるけど、、、

うん、ならその前に何件か野暮用あるから

それが終わって床屋に行って… からだから?

3時間後にいつものトコで はーい じゃあね…」

  • 作曲

    BACHLOGIC

  • 作詞

    NORIKIYO

相模川町のジャケット写真

NORIKIYO の“Where Is It?”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • NORIKIYO

    NORIKIYO is...  1999年頃、神奈川県相模原市にて地元の仲間達とSD JUNKSTAを結成 (メンバーはBron-K、TKC、DJ ISSO、WAX、KYN、OJIBAH、DEFLO、SITEそしてNORIKIYO)。当時はK-NEROと言う名前でトラックメーカーとして 参加。CD-Rにて3枚の作品をリリース(現在、CD-Rにもかかわらず中古市場では定価の3倍で売り買いされている)。 2005年頃、SEEDA&DJ ISSOのMIX CDシリーズ「CONCRETE GREEN」に参加し、話題をさらう。2006年SEEDAの「花と雨」に客演で参加(ガキの戯言)。 2007年SEEDAの4thAlbum「街風」に参加。そして、同年、自身初となる待望の1stソロAlbum「EXIT」をリリース。「THE SOURCE」誌に よる「BEST OF JAPANESE RAP 2007」にて第三位に、また、日本語ラップ WEBマガジン「COMPASS」では「年間最優秀Album」に選出された。 2008年にMIX CD「DJ ISSO PRESENTS RE ROLLED UP 28 BLUNTS」 をリリースし、MIX CDながら限定4500枚を瞬時に売り切る。同年2008年夏には、 BACHLOGICフルプロデュースによる2ndAlbum「OUTLET BLUES」をリリース。 その後、数々の客演をこなすも、個人名義の作品は出さず沈黙。そして、2011年、3年振りのリリースとなったAlbum「メランコリック現代」がインディーズながら、オリコン・Albumチャート(総合・デイリー)にて16位を記録。そして同年から 定期的にリリースされているNORIKIYOのSingleシリーズを定期的にリリースし、同年末リリースした「ありがとう、さようなら」は曲と共にMVが話題に。そして、2012年は「一個 feat.SALU.4WD」をリリース。2013年初頭、昨年までのSingleをコンパイルしたEP「断片集」を発売。そして、自身初となるコンセプトAlbumである4th Album「花水木」を2013年12月13日にリリースし、2014年5月23日に3rd Album「メランコリック現代」をレーベルメイトであるWATT a.k.aヨッテルブッテルが全曲RemixしたRemix Albumをリリース。そして2014年7月25日に5枚目のAlbum「雲と泥と手」をリリース。同年8月31日には自身初となるワンマンライブを恵比寿リキッドルームにて開催し、初のワンマンライブながら、満員御礼。各方面から絶賛の嵐を受け映像化を希望する声が後を後を絶たない中、12月10日、6枚目のAlbumとなる「R.S.L」をリリースすることを発表。なお、2014年に、この時点で3rd AlbumのRemix Album 、4th Album、5th Album、6th Albumをリリースし、1年で4枚のAlbumをリリースし、日本人のラッパーの中でも類を見ないほど精力的に活動。まさに名実ともにシーンで最も注目をされているラッパーの一人と言っても過言ではないだろう。

    アーティストページへ


    NORIKIYOの他のリリース

YUKICHI RECORDS

"