相模川町のジャケット写真

歌詞

Barber Shop Yokonaka

NORIKIYO

Barber Shop そこは秘密のBarber Shop

Barber Shop  甘い香りのBarber Shop  そうBarber Shop

Barber Shop そこは秘密のBarber Shop

Barber Shop  甘い香りのBarber Shop  そうBarber Shop

きっと気づかねぇよ普通の感覚じゃな

看板は無いが散髪屋さ

君がそう もしもわんぱくなら

いつかは成れるかもなカスタマー

住所? そいつは内緒

店員は口かてぇ てか ねぇ愛想

但し言っとく「腕は確か」

三ツ星に2つ星を足しちゃう

店内で写メとかNG

インターネットには載せない手口

「一見さんお断り」って言う

時代遅れ でもそこが良い

ヒゲも残しちゃんと整える

ご希望あれば揃えるよネイル

優しくそっと施すマニキュア

メディアに載のりゃ終わるカリスマ

Barber Shop そこは秘密のBarber Shop

Barber Shop  甘い香りのBarber Shop  そうBarber Shop

Barber Shop そこは秘密のBarber Shop

Barber Shop  甘い香りのBarber Shop  そうBarber Shop

内緒だけどStaffはバージン

その分高く付くのはマージン

違うってエロい話しじゃないし

ちゃんと聞きゃわかる そこが大事

君もなるよStaffの虜

店内全員極上の美女

上から下まで整った美貌

でも広告出せねぇ大人の事情

傷んだ毛先カットしてふわっと仕上げて

細部確認してパック

ケミカルじゃ無いオーガニック産

ジェルより落とすよネイルに今WAX

チャイム鳴ってハッとして

Bad入んないようにもう細工して有るから

しなよ休憩

その間にマシーン使わず巻くよ巻髪

Barber Shop そこは秘密のBarber Shop

Barber Shop  甘い香りのBarber Shop  そうBarber Shop

Barber Shop そこは秘密のBarber Shop

Barber Shop  甘い香りのBarber Shop  そうBarber Shop

門戸は狭いぜまるで少林?

それかハワイならきっとマウイ?

なかなか辿り付けねえぇ甘い香り

鉄壁のガード抜かりねぇ守り

光が漏れる事は無いな

この時期は半日以下でライトアップ

人は言うよ「アイツより倍出す」

が、常連だけ向かい入れ挨拶

パワハラじゃねぇこれはメタハラ

だからStaffは労働基準監督署を選ばない

種も仕掛けもあるが目立たない

ハトが飛んできた頃にゃ枝は無い

このシーズン店内はぎゅうぎゅう

口が硬いヤツだけを優遇

床の毛先もバケツでぐるんぐるん

無駄にしないってエコだぜ 優秀

Barber Shop そこは秘密のBarber Shop

Barber Shop  甘い香りのBarber Shop  そうBarber Shop

Barber Shop そこは秘密のBarber Shop

Barber Shop  甘い香りのBarber Shop  そうBarber Shop

  • 作曲

    BACHLOGIC

  • 作詞

    NORIKIYO

相模川町のジャケット写真

NORIKIYO の“Barber Shop Yokonaka”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • NORIKIYO

    NORIKIYO is...  1999年頃、神奈川県相模原市にて地元の仲間達とSD JUNKSTAを結成 (メンバーはBron-K、TKC、DJ ISSO、WAX、KYN、OJIBAH、DEFLO、SITEそしてNORIKIYO)。当時はK-NEROと言う名前でトラックメーカーとして 参加。CD-Rにて3枚の作品をリリース(現在、CD-Rにもかかわらず中古市場では定価の3倍で売り買いされている)。 2005年頃、SEEDA&DJ ISSOのMIX CDシリーズ「CONCRETE GREEN」に参加し、話題をさらう。2006年SEEDAの「花と雨」に客演で参加(ガキの戯言)。 2007年SEEDAの4thAlbum「街風」に参加。そして、同年、自身初となる待望の1stソロAlbum「EXIT」をリリース。「THE SOURCE」誌に よる「BEST OF JAPANESE RAP 2007」にて第三位に、また、日本語ラップ WEBマガジン「COMPASS」では「年間最優秀Album」に選出された。 2008年にMIX CD「DJ ISSO PRESENTS RE ROLLED UP 28 BLUNTS」 をリリースし、MIX CDながら限定4500枚を瞬時に売り切る。同年2008年夏には、 BACHLOGICフルプロデュースによる2ndAlbum「OUTLET BLUES」をリリース。 その後、数々の客演をこなすも、個人名義の作品は出さず沈黙。そして、2011年、3年振りのリリースとなったAlbum「メランコリック現代」がインディーズながら、オリコン・Albumチャート(総合・デイリー)にて16位を記録。そして同年から 定期的にリリースされているNORIKIYOのSingleシリーズを定期的にリリースし、同年末リリースした「ありがとう、さようなら」は曲と共にMVが話題に。そして、2012年は「一個 feat.SALU.4WD」をリリース。2013年初頭、昨年までのSingleをコンパイルしたEP「断片集」を発売。そして、自身初となるコンセプトAlbumである4th Album「花水木」を2013年12月13日にリリースし、2014年5月23日に3rd Album「メランコリック現代」をレーベルメイトであるWATT a.k.aヨッテルブッテルが全曲RemixしたRemix Albumをリリース。そして2014年7月25日に5枚目のAlbum「雲と泥と手」をリリース。同年8月31日には自身初となるワンマンライブを恵比寿リキッドルームにて開催し、初のワンマンライブながら、満員御礼。各方面から絶賛の嵐を受け映像化を希望する声が後を後を絶たない中、12月10日、6枚目のAlbumとなる「R.S.L」をリリースすることを発表。なお、2014年に、この時点で3rd AlbumのRemix Album 、4th Album、5th Album、6th Albumをリリースし、1年で4枚のAlbumをリリースし、日本人のラッパーの中でも類を見ないほど精力的に活動。まさに名実ともにシーンで最も注目をされているラッパーの一人と言っても過言ではないだろう。

    アーティストページへ


    NORIKIYOの他のリリース

YUKICHI RECORDS

"