TONKORI SOUND SKETCHのジャケット写真

歌詞

月台

Bie Suo

未班車的通知正在流向月台

當我轉身時,橙色的火車正在關門

回家的人們在燈火通明的窗戶裡微笑

如果我跑,我還來得及,扔掉包袱

去我夢幻故鄉的火車票

去我夢幻故鄉的火車票

在我家鄉繼繼奔跑的月台的盡頭

在我不斷不斷敲擊的窗玻璃的盡頭

而我手中剩下的只有冷的嘆息和火車票

暮色遊蕩的心,今天依然屹立在月台上

去我夢幻故鄉的火車票

去我夢幻故鄉的火車票

  • 作曲

    Bie Suo

  • 作詞

    Bie Suo

TONKORI SOUND SKETCHのジャケット写真

Bie Suo の“月台”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Bie Suo (ex. 天空オーケストラ) がトンコリの新たな可能性に挑んだ2枚組ソロアルバム。
トンコリとの出会いから9年。トンコリと向き合い、ルーツと向き合い、自分と向き合い、関わり合い解体し、アイヌ音楽という伝統の外側で再構築されたトンコリ新世界の扉を開く全世界待望のニューアルバム。
自然音をミックスしたアンビエントサウンド〜トンコリの弾き語り〜バンドアンサンブルまで全19曲、Bie Suo作詞作曲によるオリジナル作品。3ヶ国語で歌うSKETCH 1と、インストゥルメンタル曲を集めたSKETCH 2の2枚組。

アーティスト情報

  • Bie Suo

    音楽家、作曲家、トンコリ奏者。80年代初頭より音楽活動を開始。天空オーケストラをはじめ様々なグループで活躍し、国内及びドイツ、英国で20作品のアルバムに参加。2016年にソロアルバム「Heart of the Water」を発表しアイヌのフチからRamat Tuntek(魂響という意味) という名を授かりトンコリ奏者としての活動を開始。2017年10月ライブアルバム「独演 LIVE」をリリース。2019年9月トンコリ1本の弾き語りでアイヌと琉球の民謡を歌うソロアルバム「At the shore ~ 在岸邊」をリリース。2022年6月15日、ソロ4作目となる2枚組ニューアルバム「TONKORI SOUND SKETCH」を全国発売。またパーカッショニストとしても国内外の多くのミュージシャンのサポートやレコーディングに参加。即興演奏ワークショップ、舞踏家とのコラボレーション、ヨガのサウンドナビゲーション、楽曲提供、作曲、プロデュースなど多岐にわたり活動。

    アーティストページへ

Tea Tone Studio

"