トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

実に11作目を数える自身の代名詞楽曲「ヤバスギルスキル」シリーズ最新作で、6年振りに本格再始動したばかりのラッパ我リヤ。
10/18のニューアルバム「CHALLENGER」リリースを前に、先行配信第2弾のリリースが決定した。
いかにも熱いドラマが詰まってそうな「情熱だけが燃料の蒸気機関車」の曲名に込めた想いをMr.Qはこう語る。
「情熱だけ、が燃料、ここが肝で、結局分厚い氷も熱い熱量で溶かすしか無い、と言う事。この機関車は情熱だけが燃料で進んで行く、行き先は夢に向けて。自分の中のスーパーヒーローに成れたら、、そこを目指して行きたい。そんな歌を。」
あの重厚長大な車体と貨物をも動かすほどの熱い情熱が、この曲には込められていることを表現している。
客演には説明不要のHIP HOP界のラスボス般若が参加。
般若はリリックの中で「アレは俺が24の時 初めてオファーくれたガリヤからのフューチャリング 忘れねえぜ1歩 踏み出した道を」と歌う。
現在のHIP HOP界での無双状態からは想像もつかないが、かつて自身が音楽を半ば諦めかけていた活動初期時代に、ラッパ我リヤからの初めての客演オファーが自信につながった過去を告白している。
(「Hardcore feat. 般若」2003年アルバム『RG A.I.R.4TH』収録)
プロデューサーにはDABO、RINO LATINA II、山嵐、RYO the SKYWALKER等へも楽曲提供するDJ TANAKENが参加。
蒸気機関車をも動かす熱い情熱がほとばしる、熱量測定不能な程のHIP HOPがここに完成した。

過去ランキング

情熱だけが燃料の蒸気機関車

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 14位 • 2023年9月16日

過去プレイリストイン

情熱だけが燃料の蒸気機関車

Apple Music • 最新ソング:J-ヒップホップ • 2023年9月15日 Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2023年9月15日 Spotify • The Pulse of J-Rap • 2023年9月24日 Apple Music • 78 musi-curate TuneCore Japan zone • 2023年9月26日

アーティスト情報

  • ラッパ我リヤ

    1995年にこの世に初めて自身の音源「ヤバスギルスキル」を放ってから28年、ラッパ我リヤは間違いなく日本のHIP HOPシーンを築いてきたレジェンドだ。そんなリビングレジェンドである彼らが自身の立ち位置とは程遠い「Challenger」の名前を冠したアルバムが完成した。そこには、「ベテランアーティストである自分達の様な年代でも、常にチャレンジャー精神が必要だ!」と言う彼らの自身に対する戒めの想いと、今作が『最後のアルバム』になるかも知れない、と言う決意が込められている。客演には説明不要のHIP HOP界のラスボス般若、般若と共にフリースタイルダンジョンでHIP HOPの一時代を築いたR-指定をはじめ、KZ、KBDの梅田サイファーのメンバー、ジャイアンやONE PIECEのバギーの声優活動だけでなくTX「おはスタ」メインMCなどのタレント活動もこなす木村昴、日本のレゲエシーンの一時代を築いたSpinnaB-ILLが参加。超ベテランアーティストラッパ我リヤが初心に戻り、全身全霊のチャレンジ精神をぶつけたアルバムがここに完成した。

    アーティストページへ


    ラッパ我リヤの他のリリース

MS Entertainment