ブルースが沁みた夜にのジャケット写真

歌詞

ブルースが沁みた夜に

ココロネコ

ブルースが沁みた夜に

君を思い出すことがある

ブルースが沁みた夜に

埋まらない穴に気づいた

優しい歌を聴いて

君の言葉と重ね合わせて

涙を流せたなら

僕はまともな人だろうか

願っても叶わないさ

捻くれた僕を

君は叱ったね

君は叱ったね

覚えているよ

ああ、悲しい歌を作って

君の街まで歌いに行こうか

ああ、ほらまた雨が降ってきた

聞こえているのか、馬鹿だな

行かないよ、わかってるさ

眠れぬ夜に聴いた

あの歌の沁みた傷跡が

形を変えたことに

気づいて嬉しくも寂しいな

祈りを捧げる?

神頼みしようってか

僕はしない

僕はしない

なにも変わらないさ

ああ、優しい歌を作って

君の街まで歌いに行きたい

ああ、ほらまた雨が降ってきた

変わり始めた僕らの明日は

晴れるだろうか

  • 作曲

    ココロネコ

  • 作詞

    長谷川友哉

ブルースが沁みた夜にのジャケット写真

ココロネコ の“ブルースが沁みた夜に”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    ブルースが沁みた夜に

    ココロネコ

1st mini album「リフレイン」収録。
ココロネコのライブ定番曲となっている一曲。

アーティスト情報

  • ココロネコ

    -ココロネコ- ツインボーカル、ロックバンド。 人との関わりの中で生まれる孤独や悲しみ、それでも抱く希望を歌詞に込め、嬉しい時も辛い時も聴く人のココロに優しく寄り添う楽曲を発信し続けている。

    アーティストページへ

"