Sleeplessのジャケット写真

歌詞

Sleepless

tonicwater

街角は12月の

喧騒に包まれて沸いている

うだつの上がらない僕の

生活を笑ってる

人数(かず)合わせのように

この世界に僕は生まれて

空白(ブランク)を埋めるために

命すり減らしてる

眠らない街に

眠れない私

錠剤噛み砕いて泣いている

この夜が終わってほしくて

思い描く理想には遠すぎて

頭抱え途方に暮れている

そんな夜を繰り返しているだけ

どうせならこのまま眠りに落ちて

目が覚めたらこの世界が

変わっていたらいいのに

眠らない街に

眠れない私

街の底はとっくに冷えてる

あの頃の情熱を返して

大人びた振る舞いの裏側には

幼稚な自分が顔を出してる

嫌ってたいつかの誰かに

似てる気がして

そんな自分振り払うかのように

日常に忙殺されていく

このまま年老いて

いきたくはないけど

思い描く理想には遠すぎて

頭抱え途方に暮れている

そんな夜を繰り返しているだけ

どうせならこのまま眠りに落ちて

目が覚めたらこの自分を

愛せるようになれたらいいのに

  • 作曲

    tonicwater

  • 作詞

    tonicwater

Sleeplessのジャケット写真

tonicwater の“Sleepless”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Sleepless

tonicwater

  • ⚫︎

    Sleepless

    tonicwater

「陽の目を見ない苦しみを、分かち合おう」
絶滅危惧種の正統派ポップスバンドによる、現代の悩める人々に捧げる一曲。
3ヶ月連続リリースの第一弾!

アーティスト情報

  • tonicwater

    2018年夏、Satoshi Haradaのソロプロジェクトとして活動開始。インターネット上に楽曲を公開し続けていたが、コロナ禍によりバンド文化の消滅危機を感じたことからバンドプロジェクト化を決意。2020年7月、根無草パラ男(Vo.&Gt.)Kentackey(Key.)、柴田(Ba.)加入。2020年11月19日、吉祥寺NEPOにて初ライブ。現在に至る。 City PopやAltanative Rockから影響を受けた楽曲制作をしている。つまりは何でもありで、ジャンルに囚われず幅広いアプローチに挑戦している。 2021年5月より、3ヶ月連続シングルリリース。

    アーティストページへ

"