Ribbonのジャケット写真

歌詞

Ribbon

アポロノーム

春風のように笑う君が見たくて

(To you whom I love.)

ありきたりな言葉 僕だけの声で

見たかったドラマ BGMにして

泣いている君と 冷めたミルクティー

今、君が「大丈夫」と笑うなら

僕はもう少しここにいるよ

1人ぼっちの声 2人でつなぎ合わせて

その人生を 彩る明日にまで

届けばいいな

春風のように笑う君が見たくて

(To you whom I love.)

ありきたりな言葉 僕だけの声で歌うよ

(To you whom I love.)

夏の線香花火のような

冬の星屑みたいな

(To you whom I love.)

君の季節に似合う ラブソングを

あの夜の涙 どんな寂しさだって

今だけは笑顔で歌いたいんだ

もし、僕が「泣かないで」って おどけたら

君はなんて言って笑うかな

この願いが いつか風に溶けても

「元気でいてね」になる日が来ても

絶対に嘘にはしないから

君はそのままで歩いていて

またあの日みたいに笑う君が見たくて

(To you whom I love.)

僕だけのわがままになったって歌うよ

(To you whom I love.)

夏のアイスコーヒーのような

冬の甘いココアみたいな

(To you whom I love

To you And Tomorrow)

僕になれるかわからないけど

春風と共に笑う君の隣で

(To you whom I love.)

この唄をいつまでも 僕らの栞にしよう

(To you whom I love

To you And Tomorrow)

小さく咲いた花のような

消し跡残る手紙みたいな

(To you whom I love

To you And Tomorrow)

君と僕だけの ラブソングを

(To you whom I love

To you And Tomorrow)

  • 作曲

    おおにしれいあ

  • 作詞

    ちゃぎ

Ribbonのジャケット写真

アポロノーム の“Ribbon”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Ribbon

アポロノーム

アーティスト情報

"