gardenのジャケット写真

歌詞

春列車

川口直久

早朝の住宅街はわりと静か

公園通りのコンビニへ向かう

まだ朝日を迎え入れる前の空

二月の透き通った風

君はまだ夢の中だろうか 思いを馳せる

会いたい気持ちは誰のせい

やがて僕は自由になった

走り出す電車の音 遠くで聞こえてる

君ももうすぐ目を覚ますだろう

色違いの毎日 僕らをのせて

春はまだか 君に会いにいく

擦り切れながら力強い音で

春列車は走って行くよ

何度も右左揺れながら

やがて僕は自由になった

走り出す電車の音 体中で響いてる

君ももうすぐ目を覚ますだろう

窓越しの光が暖かく僕を包み

待ちきれず 鮮やかな景色を見てる

駅のホーム それぞれに向かい歩く人たち

そこでどんな今日と出会うのだろう

騒がしい改札の人なみをかき分けて

君の姿 探してみる

また今日が始まる

どうしようもない夜をこえて

見失ったりもするけれど

新しい季節は僕らをのせて

春はもうすぐ 君に会いに行く

  • 作曲

    川口直久

  • 作詞

    川口直久

gardenのジャケット写真

川口直久 の“春列車”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

garden

川口直久

川口直久 2nd Album

アーティスト情報

  • 川口直久

    静岡県浜松市出身シンガーソングライター。ギター、ピアノを軸にしたポップ、ロックサウンドを展開。映像作品、舞台、CM等音楽制作、楽曲提供やサウンドプロデュースなども行う。

    アーティストページへ

NK Hour Records

"