APOCALYPSEのジャケット写真

歌詞

崩壊する世界で

SALTY DOG

嗚呼 聞こえる残響

涙流せば 遠ざく心臓

繋いだ指は いつしか跡形もなく

褪せて また堕ちていくの

灰色に染まる空を

彷徨いながら見つめてる

脳裏に焼き付いた血と涙

今もアダムとイヴの中で

張り詰めていく 衝動

限りのある生命は 孤独に満ちた

操られた何かの感情

無くしたままじゃ分からないの

壊れていく世界の先

何が見えるの?

どうか 教えて…

離れていく鼓動に

虚しさ覚えて

愛を知った

儚く砕け散った夢集めて

優しく包み込むカケラを

何もかも 焼き尽くされて

同じ過ち繰り返すのか

道化師は笑う 瓦礫の中で

共鳴する決意を宿して

変わり果てた世界の空

誰もいないの?

どうか 応えて…

途切れていた記憶に

寂しさ覚えて

愛を歌う

壊れていく世界の先

何が見えるの?

どうか 教えて…

離れていく鼓動に

虚しさ覚えて

愛を知った

愛は…愛は…愛は…

愛は光だ

  • 作曲

    SERA, TOMOYA

  • 作詞

    SERA, TOMOYA

APOCALYPSEのジャケット写真

SALTY DOG の“崩壊する世界で”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

APOCALYPSE

SALTY DOG

自身の音楽性"アニラウド"の境地を見出したSALTY DOG最後のアルバムがリリース!

インディーズバンドながらメジャーをも凌駕するサウンドプロデュースセンスによって生み出される楽曲が揃い、全曲リードと言っても過言ではないまさに集大成のようなアルバムである。その中でも「CHRONUS ANCHOR」(#1)はVo.SERAが作詞作曲を担当しており、"過去を振り返らず、未来を切り開く" という彼女の"覚悟"が強く感じられる楽曲だ。
そして、過去に縛り付けられている人たちへの応援歌でもある。さらに初の日本語タイトル「崩壊する世界で」(#6)はFF6の世界観からインスピレーションを受け、"テーマソング"を作るという意気込みで制作。今作もアニソン×ラウド好きな音楽ファンは必聴の仕上がりとなっている。

アーティスト情報

  • SALTY DOG

    紡がれた「神メロディ」を感情剥き出しで歌い上げるヴォーカリスト「SERA」 ライヴハウスでしたたかに培われたラウドロックを基盤に、アニメやネットといった現代のストリートカルチャーを体験し融合させた強力なサウンド。 それが「アニラウド」 唯一無二の新たな音楽性を武器に、女性ヴォーカルロックバンドの頂を目指す。

    アーティストページへ

WINDSTAR WORKS Co., Ltd

"