APOCALYPSEのジャケット写真

歌詞

AUDEAMUS

SALTY DOG

息を吐くのも忘れてしまう程

足許ばかりを見つめていた

歩んできた道 振り返るよりも

明日に焦がれていたい

幼い頃から変わり者だけれど

大事なモノは見つけてきただろ?

舞い降りた奇跡を 君となら進みたいよ

今 この場所から始まるんだ

抱いたこの想い届くはずと信じて

さあ いつの時も強く居たいから

振り返りはしない ただ前を見て

どんな寄り道も 積み重ねたmy life

愛し抜けるのは 自分だけだから

Believe in yourself

この手 広げて 見つけた物語と

「これから」が在るから

今 この場所から始まるんだ

今日がどれ程辛くても 明日は来るから

答えなんて無い未来(せかい)へと

さあ 描いて行け この両手で

  • 作曲

    KENT

  • 作詞

    KENT

APOCALYPSEのジャケット写真

SALTY DOG の“AUDEAMUS”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

APOCALYPSE

SALTY DOG

自身の音楽性"アニラウド"の境地を見出したSALTY DOG最後のアルバムがリリース!

インディーズバンドながらメジャーをも凌駕するサウンドプロデュースセンスによって生み出される楽曲が揃い、全曲リードと言っても過言ではないまさに集大成のようなアルバムである。その中でも「CHRONUS ANCHOR」(#1)はVo.SERAが作詞作曲を担当しており、"過去を振り返らず、未来を切り開く" という彼女の"覚悟"が強く感じられる楽曲だ。
そして、過去に縛り付けられている人たちへの応援歌でもある。さらに初の日本語タイトル「崩壊する世界で」(#6)はFF6の世界観からインスピレーションを受け、"テーマソング"を作るという意気込みで制作。今作もアニソン×ラウド好きな音楽ファンは必聴の仕上がりとなっている。

アーティスト情報

  • SALTY DOG

    紡がれた「神メロディ」を感情剥き出しで歌い上げるヴォーカリスト「SERA」 ライヴハウスでしたたかに培われたラウドロックを基盤に、アニメやネットといった現代のストリートカルチャーを体験し融合させた強力なサウンド。 それが「アニラウド」 唯一無二の新たな音楽性を武器に、女性ヴォーカルロックバンドの頂を目指す。

    アーティストページへ

WINDSTAR WORKS Co., Ltd

"