なんもなんものジャケット写真

歌詞

獣道

花男

初めから道なんてある訳ないじゃないか

道は探すんじゃなくて作るもんなんじゃないか

何を選んだかよりも睨んだ道どこまで突っ走るか

それが俺たちの生き方じゃないのかい

名誉や地位や学歴や肩書きなんていらねえ

腹をくくるかどうかだけだろう

行き先は自分で決めるんだ

暗闇は自分で照らすんだ

誰かの目線なんて知らねえ

自分の視線だけはそらすな

行き先は自分で決めるんだ

暗闇は自分で灯すんだ

そんな道たちは誰かの道になる

生きているモノを死んでるかのように

見下したお前に決してわからねえんだろ

自らの足で踏み潰しその道をはいつくばり

突き刺さった日々の数と流れた泥の汗が

地べたを照らしてる行き先を灯してる

安全ぱいの屋根の下じゃ誰かに用意されたカゴの中で

ハイハイハイハイハイYESばっかでお前のYESはどこにある

抵抗のないジャンプ高く飛べるわけがない

行き先は自分で決めるんだ

暗闇は自分で照らすんだ

誰かの目線なんて知らねえ

自分の視線だけはそらすな

行き先は自分で決めるんだ

暗闇は自分で灯すんだ

そんな俺たちの歩く道の事を作る道の事を

誰かにいろんな事いわれ

ゴミのように扱われて

代わりはいるなんていわれ

道を外しそうになったけど

隣で歩いてくれる人や待っててくれる町があるなら

歩こう作ろうそんな俺たちの道を

獣道と呼べばいい

地べたから見上げた星は綺麗でした

  • 作曲

    花男

  • 作詞

    花男

なんもなんものジャケット写真

花男 の“獣道”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

"花男" 初のベストアルバム!
2020年、お客さんが決めた12曲を収録。

1 銀河
2 ライブハウス
3 雑草の花
4 風鈴
5 糸電話
6 暮らし
7 愛想め
8 シューズ
9 灯油ストーブ
10 獣道
11 記念日
12 page

コロナの影響でライブがなくなり、
急遽レコーディングしたこの1枚。
正直、ライブがガツッとなくなり
目の前真っ暗になった2020年。
あがこうと決め、自宅レコーディングを決意した1枚。

「歌って歌って歌って、みんなに会いにいく。
何があっても、「なんもなんも」と笑いながら。」花男

アーティスト情報

  • 花男

    花 男 hanao 暮らしのぬくもり 人生ドラマを詩にのせ パンク、ロック、アイリッシュ、フォーク、童謡を愛し 北海道小樽市から産地直送で音楽を届けている。 1979年 6月3日北海道札幌市にて生まれる。 1996年 高校時代、パンクバンド太陽族を結成。 2003年 ワーナーミュージックジャパンからメジャーデビュー。 2014年 福島県南相馬市で募金による打ち上げ花火をあげる。 2016年 太陽族を活動休止後 ちいさな音楽工場「宮田モータース」を北海道小樽にて立ち上げる。 2023年 音楽と温泉と釣りを愛しながら2人の子供を子育て中の父親。 小樽から配信全国tour "銀河ツアー" を鳴らし続けていて、 手作り音楽を手渡しで届けるような温度で 全国へ旅を続けながら、今日もどこかで歌っている。 北海道小樽市在住 本名 宮田 雅斗 miyata masato

    アーティストページへ


    花男の他のリリース

宮田モータース

"