ミュージック・オブ・スタジオジブリ

  1. いつも何度でも(カバー)
  2. となりのトトロ(カバー)

金益研二

作編曲家・ピアニスト。東京都出身。 東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。作曲を近藤譲氏に師事。 幼少時からピアノ・エレクトーン(電子オルガン)を始め、クラシックからポピュラー音楽全般まで幅広く親しむ。 大学卒業後はバンドネオン奏者田邉義博(Yoshihiro Tanabe)氏との出会いによりアルゼンチンタンゴに興味を持ち、06年にはブエノスアイレスにてホルヘ・ドラゴーネ(Jorge Dragone)氏にタンゴピアノを師事。 08年より世界の音楽とオリジナル楽曲を織りまぜた独自のスタイルでソロライブ「音の散歩」シリーズを展開。 ヴァイオリニスト古澤巌のCD「愛しみのフーガ」(2017)に「ブエノスアイレスのワルツ」が収録される他、様々なアーティストへ楽曲・アレンジを提供。また、ヤマハミュージックメディアより「JAZZアレンジで弾くスタジオジブリ」他、主にポピュラーピアノの編曲譜面を多数出版。 ピアニストとしては自身のライブの他に、尺八奏者・渡辺淳氏とのユニット「ウミガメ」や、古澤巌「ヴァイオリンの夜」全国ツアーのピアニストを務める他、柔軟な感性を活かしアルゼンチンタンゴをはじめとした多岐に渡るジャンルのアーティストとのコラボレーション、ミュージカルのオーケストラでの演奏など幅広く活躍中。 趣味はジョギング。 CD:オリジナル作品集「音の散歩〜おいしい風〜」他

アーティストページへ

ANTIQUE HAUS RECORD