タンギー・カ・サ・ブーハイ・コのジャケット写真

歌詞

タンギー・カ・サ・ブーハイ・コ

Jos Garcia

Ang buhay ko, Walang sigla

Natalisod, Nag-iisa

Mabatong daan, Ng pag-ibig

Sinubok kong, Dalhin

Ang aking pagmamahal

Alay ko para sa’yo

Tangi ka sa buhay ko

Hanap kang lagi nang

Aking puso

Nakita mo, Ang puso ko

Tumitibok, Di maitago

Nagniningning, Na umaga

Ang sinag ay, Pag-asa

Ang aking pagmamahal

Alay ko para sa’yo

Tangi ka sa buhay ko

Hanap kang lagi nang

Aking puso

Buong gabi nananalangin

Sana ay magbalik ka

Dito sa piling ko

Aking sinta

Maalab na pagmamahal

Sa ibabaw ay kalungkutan

Damdamin ay nasasaktan ah ah ah

(Guitar Ad-lib)

Ang aking pagmamahal

Alay ko para sa’yo

Tangi ka sa buhay ko

Hanap kang lagi nang

Hanap kang lagi nang

Hanap kang lagi nang

Aking puso

  • 作曲

    マイケル・ア・デララ

  • 作詞

    マイケル・ア・デララ

タンギー・カ・サ・ブーハイ・コのジャケット写真

Jos Garcia の“タンギー・カ・サ・ブーハイ・コ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    タンギー・カ・サ・ブーハイ・コ

    Jos Garcia

彼女の甘い声はあなたの感情に触れます。
偉大な作曲家、マイケル・ア・デ・ララ氏が作った曲。

アーティスト情報

  • Jos Garcia

    ミュージシャン、シンガーソングライター、レコーディングアーティスト, ブランドアンバサダー、プロデューサー。 幼少の頃よりアマチュアコンテストに参加して数々の賞を受け、9歳の時にフィリピンのキッズコンテストで全国区チャンピオンを獲得、フィリピンのGMA(CH7)の全国放映にて認知されたことをきっかけに声楽家ラマン・フルフューロ氏と出会い音楽における全ての基礎を学んだ。 その後ピアニストのドミニク・サルスティアーノ氏に師事、歌唱についてあらゆるテクニックを学び日本に来日。日本で開催されたAPECの関連イベントや24時間テレビ「愛は地球を救う」等に出演、京都河原町司教座聖堂で行われたキリスト降誕2000年大聖堂ミサ京都教区創立記念日では賛美歌を担当した。またフィリピン領事館やフィリピン航空が主催するイベントに対して出演依頼を受け参加している。その後フィリピンに戻りレコーディングをおこないメジャーデビューを果たして大ヒットソングの「Ikaw Ang Iibigin Ko」をリリースするに至った。現在では日本のカラオケのUSENやDAM、JOYSOUNDをはじめ世界中のカラオケで歌われています。今後は作詞、作曲をも手掛けインターネットを駆使し世界中の人々に感動を与える楽曲を提供していきます。 スペインとフィリピンの混血で産まれた彼女はマニラで生まれ音楽に傾倒した家族で育ちました。 彼女は音楽を聴いて育ち7歳の若さで歌い始めました。 名前はジョス・ガルシアといいます。日本、特に京都市で有名な歌手であり、パフォーマーとしての多様性と市民活動への関与でよく知られています。 彼女は、さまざまな感情を投影することができる為に用途が広いです。彼女は歌ったり、踊ったり、演じたりするマルチメディアアーティストでもあります。複数の才能を持っています。 彼女の声の範囲は素晴らしいです。12歳の若さで彼女はすでに合唱団のメンバーとして教会でクラシック音楽を歌っていました。彼女は、ボーカルの質や歌のスタイルを損なうことなく、音楽のジャンルをポップからロック、R&B、ソウル、ヒップホップに切り替えることが出来ます。彼女は踊りながらそれが出来ます。アーティストの完全なパッケージです。 彼女は単なる普通のボーカリストではありません。彼女はさまざまな楽器を奏でます。人々は通常驚いて彼女を情熱的な独創性を備えた力強く壮大な声の歌手と表現することがよくあります。 音楽は常に彼女の人生の一部でした。 2006年に、彼女はアイボリーレコードの下で「THE VERSATILE」と題されたフィリピンで彼女の最初のアルバムをリリースしました。キャリアシングルはマイケル・A・デ・ララが作曲・編曲した曲 「Ikaw Ang Iibigin Ko」。それはフィリピンでの彼女自身の音楽の旅の始まりを示しました。 この曲はフィリピン全土で誰をもが知っているヒット曲になりました。 彼女のセカンドアルバム「Is This Love」は、Mauve Recordsから京都市でリリースされました。このアルバムはヒット曲「Ikaw Ang Iibigin Ko」 (イカウアン・グイイビギン・コ)の日本語版である「はんなり流れ」をフィーチャーしています。 日本にいる間、ジョス・ガルシアは特に関西地方で最も人気のあるフィリピン人歌手です。 彼女は京都市のザビエル・ルイ・ヴィトンバーで歌う最初のフィリピン人です。彼女はまた、京都の祇園で最も有名なライブハウスミュージックバーの1つであるSelectedReposでいくつかのコンサートを開催しました。大阪と京都の5つ星ホテルも彼女のいつもの公演会場です。なんと言っても、彼女はパシフィックヴィーナスクルーズジャパンのメインショーに定期的に出演している唯一のフィリピン人です。 彼女の自由な時間の間、彼女はコンサートの企画や制作、そして結婚式や他のプライベートな行事やイベントなどに出演しています 2020年11月、彼女はViva Recordsの下で「Nagpapangap」という曲をリリースしました。この曲は、地元の業界で「Mr. Hit Maker」として知られ、フィリピンで最も確立され受賞歴があり最高の作曲家の1人と見なされているレイバレラによって作曲されました。 最近、彼女は「Tangi Ka Sa Buhay Ko」という曲をリリースしました。ヒット曲を作曲したのと同じマイケル・A・デ・ララが作曲・編曲しました。 今も彼女は自分自身の成功の道を歩み続けています。

    アーティストページへ


    Jos Garciaの他のリリース

LMDA Records and Studio

"