HALTのジャケット写真

歌詞

Scribble back

USU

俺とこの街の話を少しだけ

学校町に吹き荒れた黒い風

DJ Y 目の前に縮まる 背中

フリースタイル

カマす Medium rare

こぼれたジンバックで

汚れたティンバー

ここでも自分を殺せば良いんか

握りしめた 小銭とチケ代

かっこいいっすなんて

お世辞も言えない

あのステージには俺が必要さ

隠れて先輩のDisを歌う

画鋲で穴あけ空き缶ボングさ

なんでもすぐ飽きたら三日坊主さ

フリップ出来ず諦めたスケート

チャリで追っかけた

あの子のスカート

万引きぐらいはリスクはねえし

でも唯一盗れなかった

ディスクガレージ

KOLはドレッドでThere

Guessのdenimの

セットアップ着てた

お茶の香り 漂うストリート

服も買えない ただのクソニート

In3sはギリ知らない世代

早く抜け出したい汚い世界

EzraにPrahaに

ジャンクにキンチョール

十人の噂に勘ぐり嫉妬

スキルじゃ敵わない Mr.D

ずっと大好きだった2人のMr.T

毎日遊んでたYASとEQ

2枚取りあったNasの新譜

何となく書いてたライムはお下がり

ナイトができるだいぶ前の話

FRONT読んでは疼き出す本能

今日はここまで 続はまた今度

何となく書いてたライムはお下がり

ナイトができるだいぶ前の話

FRONT読んでは疼き出す本能

今日はここまで 続きまた今度

何となく書いてたライムはお下がり

ハイデができるだいぶ前の話

FRONT読んでは疼き出す本能

今日はここまで 続はまた今度

  • 作曲

    DJ KOL

  • 作詞

    USU

  • プロデューサー

    DJ KOL

HALTのジャケット写真

USU の“Scribble back”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

USU 7th album 'HALT'

1.Rest in peace me produced by DJ KENZI aka BLACKBEATZ

2.NIGHTMARE produced by DJ TAGA

3.GHOST produced by DJ TAGA

4.Stand up produced by DJ KOL

5.Scribble back produced by DJ KOL

6.Thanks all produced by DJ KOL

7.キミニタドリツク feat.KOTA produced by DJ TAGA

8.Carry on produced by DJ TAGA&丸山漠

9.Zzz♡ produced by DJ TAGA

10.HALT feat.why me produced by DJ TAGA

11.GHOST(version 9.17) produced by DJ TAGA

12.Stand up remix feat.Chan-K,GOSPO produced by DJ KOL

13.Too fast feat.Chan-K produced by DJ KENZI aka BLACKBEATZ


Lyrics by USU
Lyrics by KOTA,Chan-K,GOSPO(7,12,13)
Total produced by STB STUDIO(DJ TAGA,DJ KOL)
Track produced by DJ KENZI aka BLACKBEATZ(1,13)
Recorded by STB STUDIO(DJ TAGA,DJ KOL)
Recorded by Studio nagomi(7)
Mastering by STB STUDIO(DJ KOL,DJ TAGA)
Mastering by DJ KENZI aka BLACKBEATZ (1,13)
Art work by KSK ONE
Music video by LIP MONKEY,BLACK WINDOW FILMS.

アーティスト情報

  • USU

    新潟の伝説的グループ『HIGH de CREW』のメンバーとして活動を開始。 地方勢では異例の日本最大のHIP-HOP祭典B-BOY PARKへの出演をきっかけに精力的にライブの場を全国に広げていく。 HIGH de CREW活動休止後、同年に1st solo album[247-U N'I To You-]をリリース。リード曲のDAY ONE feat.TAROSOUL,TOTOROWはFM NIIGATAのパワープレイに選出された。 2008年には2nd album[365-ROOTS-]をリリース。このアルバムにはSEEDA,SIMON,TAROSOUL,サイプレス上野,BUZZER BEATS,ダースレーダー等、日本を代表するアーティストが参加。 その高いスキルと熱いリリックが全国に一気に飛び火、その存在を確固たるものにする。 リーダーを務めるグループ『NITE FULL MAKERS』ではアルバム[N]をリリース(JAY'ED,韻踏合組合,DJ WATARAI,SKY BEATZ等が参加) そして同年、3rd album[Bee,Bird,Butterfly]をリリース。 2013年11月に自身初のベスト盤とも言えるミックスCD「Un'USU'all mixed by DJ SATORU」をリリース。「新しいミックスCDの形」を提示。 2014年12月にミニアルバム『RES』。2015年3月に長野のDJ KENZIと作り上げた『DEMO TAPE』。 2015年8月には5th album『COMPLETE BOY』2015年12月には自身のラブソングベスト『LOVATE』をリリース。 年間でアルバム4枚という驚異的なスピードでアプローチを続けた。 同年、初のワンマンライブを新潟(NEXS)→東京(渋谷FAMILY)→新潟(CLUB SEVEN)と3か所開催。どこも満員のファンやヘッズを完全にロックした。 2016年,11月に6枚目のアルバム「DOCK」をリリース。言わずと知れた日本ヒップホップ界のラスボス’般若’が参加。 2017年4月からはZEEBRA主宰のヒップホップ専門ラジオ局「WREP」にて毎週月曜日22時から「AREA CONNECTION」という番組がスタート。 また日本を代表するJazz artist‘TOKU‘のライブツアーにも参加するなど、「ヒップホップ」の枠を完全に破壊。 地方からリアルな音楽を発信。間違いなく日本を代表するMCである。 〜2019年9月17日 突如引退、シーンから姿を消す〜 2021年1月27日に復帰作『Too Late』と共にシーンにカムバックを果たす。2022年1月5日には待望の7枚目のアルバム『HALT』をリリース。iTunes Hip-Hopチャート4位にランクイン。復帰に相応しい幕開けとなった。

    アーティストページへ


    USUの他のリリース

STB STUDIO

"