YOKAのジャケット写真

歌詞

YOKA

余日

響きだす叫く雑音に

奪われる体温を感じた

いつの間にか住み着く違和感は

もう消えなくて纏う影のようだ

愛した日々に痛みなどを

分かち合っても

ふと気がつけば独り空の下

描き続けた終わりのない

作品でさえも

いつか褪せゆく

色彩は溶かされていく

散ってしまったあの日の僕らは

もう戻らないのだ、

どれほど悔やんでも

生き急ぐ焦りから逃げるよう

死に急ぐ事だとも知らずに

いつの間にか夕日は項垂れて

暗い夜の空の下、もう帰ろうか

僕らは探している

青い春の情景と、夢の続きを

今に目を逸らして

重ね合わせた記憶を書き記しても

いつか褪せゆく

季節は枯れて消える

散ってしまったあの日の僕らは

もう帰らないのだ

どれほど望んだとしても

遅すぎたかな、全部

このまま誠実に生きていく

それも正しいだろう、だけど

あの時の夢はなんだ?

どこへ消えた?

戻れないけれど

今に見ている 花も美しいよな

崩れ落ちて消えゆく

思い出よさらば

どうかその場所で

いつまでも見ていてくれよ

この苦しみこそが

生きている証だから

何度悩めど、

このまま駆け抜けてゆけ

描き続けた終わりのない作品は今も

褪せたままで

痛みを溶かしてゆく

散ってしまった あの日の僕ら

指を差した花弁は 今もどこかに

  • 作曲

    余日

  • 作詞

    旭 亮也

YOKAのジャケット写真

余日 の“YOKA”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

YOKA

余日

過去プレイリストイン

YOKA

Spotify • tuneTracks Weekly • 2020年11月21日

アーティスト情報

  • 余日

    地元大阪を拠点に活動するメロディックロックバンド。 多彩なルーツを持つ叙情的なトラックをVo. 旭が力強く歌い上げ、 それぞれの日常を思考する。

    アーティストページへ

yozitsu

"