YOKAのジャケット写真

歌詞

拝啓、ジュブナイル

余日

夕焼けに身を焦がす花弁

咲き残った花の名前すらも

知らないまま

その孤独な出立ちに

自分自身を重ねている

「いつかまた」

なんて言葉は詭弁だと思う

約束された未来など

くるはずもないのに

いつの日も不安定な明日に

全てを託しているのだ

尊敬、友情、愛情

ありふれた有象無象の戯れ達が

この身をすり抜けて去っていく

時間ですらも置き去りにして

風が止み、木々が静まる

ここには一人、もう誰もいない

あの日の僕らはもう帰らないのだ

季節が巡るように

花が散り舞うように

  • 作曲

    kamiya

  • 作詞

    kamiya

YOKAのジャケット写真

余日 の“拝啓、ジュブナイル”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

YOKA

余日

アーティスト情報

  • 余日

    地元大阪を拠点に活動するメロディックロックバンド。 多彩なルーツを持つ叙情的なトラックをVo. 旭が力強く歌い上げ、 それぞれの日常を思考する。

    アーティストページへ

yozitsu

"