Jazz Violin From Tiny Room

  1. Seaside walk
  2. Something changes
  3. Lockdown blues
  4. Moving forward
  5. Beyond the separation
  6. Bad guys blues
  7. Dream
  8. Napping on the grass
  9. Hide and seek
  10. Feel nice days

ジャズバイオリニストとして活動する北床宗太郎のオリジナル曲集。外に出られない期間に書き下ろしたスウィング、ボサノバ、スムースジャズ、そしてエレキバイオリンのループパフォーマンスなどを小さな部屋で1人レコーディング。

北床宗太郎

北床宗太郎(ジャズバイオリニスト) プロフィール 1980年生まれ。三重県出身。3歳からピアノ、5歳からバイオリンを始めクラシックを学ぶ。 法政大学入学後、ジャズ研究会に入部しジャズバイオリンに出会う。 2005年横浜ジャズプロムナードにて「ベストプレイヤー賞」含む3部門受賞し、本格的にプロ活動を開始。 2013年1stCD「Night & Day」2017年2ndCD「C'est si bon」をリリース。 ジャズスタンダードをはじめ、ライフワークである童謡のジャズアレンジやオリジナル曲を収録し好評を得ている。 ライブハウスだけでなくホテル、ホールでのコンサート、 クルージングや企業の発表会、ジャズフェスティバルなどのイベントにも出演している。 国内を拠点に活動しながらも海外ミュージシャンとの共演も重ねており、国際的に活躍するジャズバイオリニストから 「プレイヤーとしてだけでなく、教育者としても日本で最も重要なジャズバイオリニストの1人」(クリスチャン・ハウズ/アメリカ) 「バイオリニストとして稀なジャズ特有のタイミングを極めた逸材」 (ティム・クリップハウス/オランダ)と高く評価をされている。 2020年最新の活動としては6月にセルフレコーディングの初配信アルバム「Jazz Violin From Tiny Room」を、8月にはエレキバイオリンとエフェクターを用いたソロループパフォーマンスを収録した「Electric Violin Looping」を立て続けにリリースしている。

アーティストページへ

JVDJ Records