Trip Rollのジャケット写真

歌詞

My Self

千政

あの夜に溺れる 鏡越し背ける

妬み僻み嫉み

取り憑いてるアガレス

先週も今日も同じ

最終列車にいつでもride

更新されてくiPhoneのみ

気付いてるフリ

隠れる基地 寝ても寝ても

結局世界が相変わらず

なのをまた誰かのせいにして

このストーリーに介入してない俺

俺の気持ちが 分かるはずがない

ありきたりな言葉ばかり宙を舞う

カーテンの隙間から覗く似て非なる

My self

One take Two take

ストップウォッチを走らせる

Sunday Monday 少しずつ歪んでゆく

友達が救い上げる

浮いた反動音を奏でる

Fake me fack me

エイプリールみたく毎日

乗りこなせばいい

神の導き 川の流れのように

眠る時間なら天竺だけで十分

迫り来る恐怖すら忘れるほど愛せる

投影していた

画面の向こう側から今俺

当然の報い受けるため 八割方人間

二分割された空へ

天候を操るmy self

One take Two take

ストップウォッチを走らせる

Sunday Monday 少しずつ歪んでゆく

俺は俺であって 求められた人間

なれないごめんなさいね

俺は俺であって

求められた人間

なれないごめんなさいね

ネクタイ締め駆け込み乗車する

眠たい目をまた擦り

右に左昔の自分

好きな人たちを引き連れ

Take of 突き動かす今日丑満時

垣間見る光

Sunday Monday Tuesday

Wednesday Thursday

Friday Saturday

One take Two take

ストップウォッチを走らせる

Sunday Monday 少しずつ歪んでゆく

  • 作曲

    千政

  • 作詞

    千政

Trip Rollのジャケット写真

千政 の“My Self”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Trip Roll

千政

千政 1st EP (Trip Roll)

このEPを紹介する上で欠かせないのは彼の数奇な人生にある。
ある日を境に彼は数十万人に一人の確率で発症する難病により視界の70%を欠損し、
それにより以前には聴こえなかった繊細な聴覚を獲得する。
そして多くの運命的な出会いもあり、音楽の世界へと足を踏み入れることとなった。

 今作はJ Gryphinが3曲ほどプロデュースしていることもあり前作同様、
全曲のミキシング、マスタリングなどエンジニア面でも参加。
更には4曲目のFalling Down (feat. J Gryphin)ではラッパーとしても客演している。

今作のコンセプトはまさにネガティブからポジティブ。
曲順にもこだわり彼の気持ちの変動がコンセプト通りのネガからポジのグラデーションになっている。
以前の曲に比べラッパーらしさ、HipHop要素が色濃い作品になった。
理由は彼自身の気持ちの変化や一曲への思い入れが強くなったせいもあり
楽曲から意図せずそうなったであろうことが読み取れる。
タイトル曲Trip Rollの意味は人生におけるマイナスやプラスの出来事全てが一番のトリップであるという意味。
その中での精神の揺らぎを音に乗せた最高な作品に仕上がった。
是非あなたも彼の心地良いサウンドを聴いてみて欲しい。どんなシチュエーションにも溶け込む音源ばかりだ。

アーティスト情報

SOS

"