未明リフレクトのジャケット写真

歌詞

未明リフレクト

ZETTAI CHU-KAKU

「どうして」って悩んで叫びたい 止め処ない世界の隅で

どこか光って流れた欠片 見失ってしまう前に

耳障りな工事中を 塞いだイヤフォンの声

連れ出してよ、ロック・スター なんて夢見るわけじゃない

薄暗がりの標識は 無数に広がる指針

無言で僕に問いかけて じっと答えを待っている

立ち止まる

エナメルのつま先 疎ましげに 見つめて反射する 赤信号

正しい解求めるだけの 大人になりたくないのに

「どうして」って悩んで叫びたい 止め処ない世界の隅で

こころのまま のぞんだまま 生きられない感情制御

わずかな熱量を宿して 砕け散ったメテオライト

まだレンズを閉ざしたままの 夜を抜け出したい

行き止まりの再生は 壊したイヤフォンのなか

午前二時のロック・スター もう夢は見なくてもいい

薄暗がりの標識は 顔を変えないまま

選んだ先で会えたらさ、 僕の答えを聞いてよ

踏み出す

エナメルのつま先 ちょっと不安げに 揺れては追いかける 蛍光灯

証明して”正しさ”だけが 世界のすべてじゃないこと

彷徨って掴んだ欠片は 僕の手のひらのなか

こころのまま のぞんだまま 浮かべれば色が広がった

僕の熱量を映し出す 未完成のメテオライト

まだピントが合わないままの 夜の向こう側へ

テレスコープを 覗いていた 子供のような 純粋さで

見つけ出して あるがまま どうか どうか どうか 変わらずに

彷徨って掴んで映し出す こころのままのぞんだまま

「どこまで」知らないで走り出す 止め処ない世界の先へ

うまれたまま おもうままを 象って生きていたいんだ

もう一度メテオライト 僕の願い 焦がす光

ずれたピントは合い始める

もうすぐに夜が過ぎ去っていく

  • 作曲

    Shoichi IKEDA

  • 作詞

    Awo, Shoichi IKEDA

未明リフレクトのジャケット写真

ZETTAI CHU-KAKU の“未明リフレクト”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

未明リフレクト

ZETTAI CHU-KAKU

  • ⚫︎

    未明リフレクト

    ZETTAI CHU-KAKU

ZETTAI CHU-KAKUのデビューシングル
夜中から明け方にかけて聴きながら散歩したくなる、そんな1曲。
− 「どうして」って悩んで叫びたい 止め処ない世界の隅で −

アーティスト情報

  • ZETTAI CHU-KAKU

    「心に残る音楽」をモットーに、“クール×ノスタルジック×エモさ“を表現する4人組ロックバンド。 2010年より東京にて活動を開始。 10年間のアニソンカヴァー活動を経て、2020年よりオリジナル楽曲の配信を開始。 YouTubeや音楽配信ストアなどのネットメディアにて、日常の中の非日常を描いた個性的でキャッチーな楽曲を公開して注目を集め、幅広い音楽ファンから支持されている。 2021年7月3日 6thシングル『ハッピーエンド・パフォーマー』リリース。 Vocal & Lyric:Awo / Drums:Hidaichi / Bass:MARUHASHI / Compose & Lyric:Shoichi IKEDA / ご連絡はこちらへ → zettaichukaku@gmail.com

    アーティストページへ

ZETTAI CHU-KAKU

"