あちら と こちら

  1. あちら と こちら #1
  2. 縁側
  3. あちら と こちら #2
  4. ドルフィンポート
  5. あちら と こちら #3
  6. 鳥が集まる庭
  7. あちら と こちら #4
  8. 客間の絵画
  9. 異界の夜

この作品は、鹿児島県の荒田という街で、今は亡き私の祖父母の家に滞在中の2018年1月に生まれました。
録音当初は、家の前の通りを通過する車の音や近所の神社の音など、荒田周辺の音風景に祖父母の家で弾いたクラシックギターを重ねただけの、言わばプライベートな作品でした。
2020年になり改めてこの音源を発掘し、多少手を入れてリリースすることを決意しました。
作業を進めていくうちに、祖父母に纏わる思いを超えて、あちらの世界とこちらの世界を行き来する感覚を覚え始め、徐々に作品のコンセプトとして固まっていきました。
結果的に、簡単なスケッチ的な音楽から、かなり手を加えた音楽になっておりますが、奇妙に捻じれていく世界を意識している点は、過去の作品からの延長上に位置していると考えています。

録音:2018年1月、2020年8月から11月 鹿児島市荒田、タナボタスタジオにて
ギターとカシオトーン:奇妙な芝刈機

奇妙な芝刈機

[奇妙な芝刈機]は、東京在住のyosuke hisayamaをメインに音楽制作を行っているユニットです。ジャズやポストロックをベースに、自然を音に変換することを意識して、音楽を制作しています。

アーティストページへ

タナボタレコード