書を灯す

  1. 涙の走馬灯
  2. 盲目のピアニスト
  3. ラブソング
  4. 言い訳を知る
  5. エルビスの真相
  6. 雨のあとに
  7. 羨望の春を解く

広島県福山市発のロックバンドCRAZY VODKATONIC(通称:CVT)が遂に初全国流通作品を解禁。
これまで全国未流通ながら、イナズマロックフェス、MUSICCUBE、TREASURE05X、SAKAE-SP-RING、hoshioto、MUSICMONSTERS、見放題(東京・大阪)など各地のサーキットイベントの出演を果たし着実なライブ活動で注目を集め、日本各地からCDを求める声が増え続け、遂に初の全国流通ミニアルバム『書を灯す』をリリース。
1年をかけて書き下ろした選りすぐりの新曲4曲に加え、ライブ会場限定盤から代表曲の1つである『盲目のピアニスト』や、初期衝動感が詰まった『雨のあとに』『ラブソング』を再アレンジ・レコーディング。

タワレコメンに選出され、オリコンインディーズチャート10位を獲得。

CRAZY VODKA TONIC

地方都市と言われる広島県福山市発のロックバンド。 2014年10月、空想委員会主催の「大歌の改新ツアー」の一般公募O.A枠(下克上)に選ばれ、空想委員会/GOOD ON THE REEL の2マンライブに出演。 堂々としたパフォーマンスで、終演後30分以上列が途切れないほどCDを売り上げる。 その後も全国流通前ながら、イナズマロックフェス、MUSIC CUBE、TREASURE05X、SAKAE-SP-RING、MUSIC MONSTERS、MINAMI WHEEL、hoshioto、見放題(東京・大阪)など各地のサーキット・フェスイベントに出演。 着実なライブ活動で全国からCDを求める声が増え続け、2018年3月14日に初の全国流通ミニアルバム『書を灯す』をリリース。 「ROCKIN’ON JAPAN」のニューカマー、タワレコメンに選出され、オリコンインディーズチャート10位を獲得。 CDショップ大賞2019 中国ブロック賞を受賞した。 2019年9月4日、3枚目の全国流通盤『DARUMA』をリリース。 リードトラック『リリィ』が、USEN J-POPチャートでは、あいみょん、RADWIMPS等に挟まれインディーズでは異例の14位にランクイン。 2019年6月にはTSUTAYA O-WEST、2020年2月には渋谷CLUB QUATTROにてワンマンライブを開催。 2020年3月より、CDでは出来ない、デジタルリリースだからこそ出来る作品をコンセプトに、音源データやアートワークがどんどんアップデートされていくという画期的なUPDATE SINGLEをリリースする。 5月より全国7都市のツアーが決定。 ◎ CRAZY VODKA TONIC Release Tour『ver.4』 5/9(土)名古屋LIVE HOUSE CIRCUS 5/10(日)大阪 心斎橋FANJ 5/29(金)広島BACKBEAT 6/13(土)福岡Queblick 6/14(日)岡山CRAZYMAMA 2nd Room 6/27(土)仙台space Zero 6/28(日)渋谷TSUTAYA O-crest

アーティストページへ

L-breed