トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

和製バイレファンキな「Baile de Tokyo」で2020年、鮮烈なブラジルデビューを果たしたRei Capoeirap (レイ・カポエイラップ)が、日本の盆踊りでも有名な福岡県民謡の"炭坑節"をファンキにアレンジ。ブラジルの新しいファンキのスタイル"Brega Funk(ブレーガファンキ)"と日本の伝統音楽「炭坑節」が融合された"盆ファンキ"が再び。2020年夏に東京都による芸術文化活動支援事業「アートにエールを!」を通じてレイが創作日本舞踊のエンタメ集団 右近屋と映像クリエイターNEWFATGLORYFILMSとコラボレーションして制作した映像作品「Virtual Bon Dance -Muito盆-」からの満を持しての楽曲リリースとなる。未曾有のコロナ禍でお祭りも花火もフェスも制限され楽しめなかった2020年。新しい時代を生きていく世界中のすべての人々へ元気と希望、願いを込めて「炭坑節ファンキ」をお届けする。"Muito盆!"

アーティスト情報

  • Rei Capoeirap

    東京生まれ香港育ちブラジル仕込みの作詞家/作曲家、音楽プロデューサー、そしてMCの傍ら、映像制作やデザインなどに携わるマルチクリエイター。国内最大のブラジルフェスティバルやJICA(国際協力機構)でのイベント出演や、多文化共生の町 群馬県大泉町のグルメイベントの総合司会を務め、町おこしの楽曲を制作、女子バスケットボールチーム3X3の応援歌をプロデュースするなど、”日本にブラ汁を!”のスローガンの下、その活動を続ける。ブラジルで初のボーカルレコーディングを行った作品「Baile de Tokyo (バイレ・ジ・トーキョー)」は和とブラジルを融合した新しい音楽で2020年10月、ファベーラ発の音楽"バイレファンキ"専門の大型YouTubeチャンネル"KondZilla(コンドジラ)"から日本人としてもアジア人としても初のミュージックビデオをリリース、念願のブラジルデビューを果たす。そしてクロージングブランドとしてもECサイトで展開中。ブラジル人DJやMCとコラボした新しい音楽とKondZillaからリリースされるミュージックビデオ第二弾、第三弾の制作のため、2022年1月から4月までブラジルに滞在。

    アーティストページへ


    Rei Capoeirapの他のリリース

dot Dance Music